webプログラマーの平均年収、相場はいくら?1,000万円越えは可能?

スポンサーリンク

webプログラマーとは?

Webプログラマーとは、例えばAmazonのようなECサイトから、Youtubeのような動画共有サイトなど、webを介して動作するアプリケーションを開発するエンジニアのことです。

webプログラマは、名前こそ「プログラマ」ですが、webサービスの企画や設計を行うこともあるし、UI/UXのデザインをしたり、DBやインフラ周りの面倒を見たり、PHPやJavascript、Railsなんかでゴリゴリコードを書いたりと、割と幅広く全部やるカルチャーの会社が多い印象があります。

そもそもwebの世界では、SIerなどとは異なり、要件定義や設計を行う上流エンジニアと、コーディング、テストなどの下流工程を担当するプログラマーのような、明確な分業体制がとられていないケースがほとんどです。

なので、本来ならweb「プログラマ」という呼び方自体、そもそもあまり適切とは言えないのかもしれません。
(フロントなのかサーバーサイドなのか、webコーダーとは何が違うんだとか、いろいろ問題がありそうです…)

実際、私の知り合いのweb系企業で働くエンジニアは、Webデベロッパー(Web開発者)と名乗っておられます。

ただ実際問題として、「webプログラマ」というキーワードで検索して情報を求めている方が一定数いらっしゃるので、
この記事では、Web開発に関わるエンジニア(ちょっとHTMLやCSSをいじれる程度のデザイナーみたいな人は除いて)のことを、Webプログラマという言葉で呼ばせていただこうと思います。

webプログラマーの平均年収

さて、本題のWebプログラマの年収ですが、お役所や大手の転職サイトが出しているような、信頼出来るソースが見つからなかったので、

「webプログラマ 年収」というキーワードでググった結果を見て、比較的信頼できそうなWebメディアを中心に、各サイト様で紹介されている金額を引用させていただこうと思います。

参考サイトwebプログラマの平均年収
Internet Academy約400万円
平均年収.jp約490万円
MOREWORKS約419万円
転職口コミjob約430万円
Career Garden350-500万円
Callingood400-600万円

次に、大手の転職サイトに掲載されている求人をもとに、webプログラマの年収レンジをまとめてみました。

  
リクナビネクスト300-780万円
type250−500万円
Green350−1,950万円

最低が年収およそ250万円から、最高はなんと年収1,950万円という、とんでもなく幅のある結果となりました。
(※データは2016年8月時点のものであり、非公開求人などは含まれておりません。)

webprogrammer-highest-wage
驚異の年収1,950万円。ここまでくると恐ろしい?

webプログラマーの場合、平均年収なんか調べても無意味!

ご覧の通り、webプログラマのお給料は本人のスキルと会社によって、あまりにも激しく差があります。

あなたが本当にコーディングしかできない、それもPHPだけ、とかのWebプログラマなら高い給料は望めないでしょうし、
フロントからバックエンド、DB、インフラまで何でもござれで、大規模Webサービスの運用経験があるスーパー・エンジニアであれば、年収1,000万出してでも欲しがる企業だってあるでしょう。

ですから、「webプログラマは平均年収が○○万円!」というのを調べても、はっきり言って全く無意味だと思ってください。

webプログラマになったとして、どのくらいの年収がもらえそうかというのが知りたければ、
あなたの経験やスキル、使える言語などの条件を入力して、実際に転職サイト等で検索してみる方が確実なデータだと言えると思います。

大手メディアを除き、ネット上の情報はかなり信頼性が低い?

また、ここでご紹介させていただいているのは真っ当で信頼できるサイト様ばかりですが、

LinuxやApacheを「プログラミング言語」と言っていたり、「XML、PHP、Javaのようなデータベース系言語を使うDBエンジニア」などと意味不明な説明をしていたりと、かなり信憑性に不安があるサイトが平気でgoogle検索の上位に表示されたりしていますので、注意が必要です。(Google先生、しっかりして!)

webプログラマの年収が気になっているなら、プロに聞くのが最も確実

webプログラマの年収は非常に幅があり、その人と会社によって全く違うのがお分かりいただけたかと思います。

あなたがWebプログラマへの転職を考えていて、その上でどのくらい給料をもらえるんだろう?ということが気になっているのであれば、ネットで検索する情報よりも、転職のプロである転職エージェントに聞くのが最も確実です。

ABOUTこの記事をかいた人

編集長:和田

大学を卒業後、大手SIerでSEとして働く。IT企業とは名ばかりのクリエイティビティのない現場、スキルのつかない仕事、徹夜やサビ残・偽装請負が常態化するあまりにもブラックな環境、ラッシュ時の東京メトロ豊洲駅のホームの狭さに耐えきれず転職。Webエンジニア、社内SEなどを経て、現在はフリーのWebディレクターとして独立。 →詳しいプロフィールはこちら

「仕事辞めたい!けど転職は怖いし迷う…!」
「俺、転職できる?辞めても大丈夫かな?」
「ぶっちゃけ、転職したら年収上がるの?」

…などなど、SEにありがちな悩みに、
私、編集長の和田がお答えしよう!

現状をなんとかしたいが、何をすべきか分からず、
行動に移せないでいる人は、ぜひ参考にしてくれ!

「自分にどんな仕事が向いているかわからない」
「年収アップが狙えるのってどんな仕事?」
「もっとホワイトな職種ってないの?」

といったお悩みを抱えているあなたに
ピッタリなのが、この「転職診断」だ!

30秒程度の簡単な質問に答えるだけで、
あなたに合う職種を診断して紹介するぞ。

さぁ、下のボタンをクリックして、
早速、診断をスタートしてみてくれ!

カンタン30秒!転職診断をはじめる

希望条件から転職サイトを探してみる

希望勤務地(必須)
雇用形態
職種
こだわり条件