実例あり!社内SEの志望動機でチェックしておくべきポイントとは?

スポンサーリンク

社内SEへの転職で重要な「志望動機」について考える

社内SEになりたいけど、志望動機に何を書けばいいか分からず悩む方も多いと思います。

今回は、SEなのに人道的に扱われ、ホワイトな環境で働けると大人気の社内SEに転職するために、どのように志望動機を考え、アピールすれば良いのか、そのポイントをお伝えします!

社内SEの志望動機のポイント

その会社でないとダメな理由はあるか!?

社内SEの担当業務は多岐にわたるうえ、会社ごとにやることはかなり大きく異なってきます。

そのため、企業研究がおろそかだったり、その会社の社内SEがどのような業務を実際に担当しているのかを知らないで志望動機を考えてしまうと、

御社の社内システム担当として、〇〇に尽力したいです!
面接官
そういうのは外注してますから、ウチではやってませんね。
ぐぬぬ…

なんて冷や汗ものの問答を繰り広げてしまうことにもなりかねません。

社内SEに限った話ではありませんが、応募先の企業についてはしっかりと調査し、そこでないとダメな理由を必ず盛り込むようにしましょう。

「社内SEになりたいです!」という自分の希望・都合だけ伝えても、社内SEになって単に楽をしたいだけとか、今のSE現場から逃げ出したいだけ、という印象を与えかねません。

自分を社内SEとして採用することで、企業にどのようなメリットをもたらせるのか、
相手から見た時に、あなたを採用する理由があるかどうかを必ず考えた上で、志望動機を書くようにしましょう。

SEとしての経験を志望する企業でどのように活かせるか!?

上で書いた「採用企業から見たメリット」にも通じる話ですが、
これまでのSE経験を、応募先の企業でどのように活かせるのかという点も明確にアピール出来るようにしましょう。

「インフラエンジニアとして、企業のイントラネットを一から設計し、実際に構築し、その後の運用監視まで、協力企業とのチームを組んで担当したことがある。」

「だから、社内SEとして、社内のシステムの企画から運用、セキュリティに至るまで全て担当することができるし、必要に応じて外部ベンダーへの発注や指示を行い、適宜スケールさせることができる。」

というように、「自分はこういうスキルや経験を持っているから、社内SEになってこういうことが出来る」
というロジックで、自分の経験を売り込むといいでしょう。

実際に、社内SEに転職した人の志望動機・自己PRを見てみよう

laptop-1478822_1280

以下、5人の社内SEの方に、それぞれ転職したときの志望動機をインタビューしてみました。

ここに掲載しているのはあくまでも例ですので、当然ですがコピペ等して爆死されないようご注意ください。

自社サーバ・ネットワークの運用SE・N・Tさんの志望動機と自己PR

server-90389_1280

N・Tさんの経歴

22歳~24歳までは、コールセンターでのSV(管理者業務)として働いていました。
主な業務は、アルバイトへの商材教育や研修の実施、クレーム対応、発信先リストの作成と架電システムの管理メンテナンスです。

その後、サーバネットワーク監視運用のSEとして転職。
サーバー/ネットワーク機器の定期確認作業、障害通報及び、一次対応、SEへの連携作業(監視機器の状態報告)を行いました。

数年間サーバー監視SEをした後、自社サーバ運用SE(社内SE)として転職。
社内ユーザー部門からの問い合わせ業務や、運用・業務効率化、社内インフラの設計/構築業務に当たっています。

履歴書・職務経歴書の自己PR欄にはどのようなことを書きましたか?

私の場合、コールセンターからSEへの転職であったため、未経験での応募でした。

そのため、コールセンターでの実績と、なぜSEの職種への興味をもったかという経緯がわかるよう、以下のように記載しました。

「コールセンターでは業務の中で架電システムのメンテナンスや効率化を考えた提案を行う事があり、社内SEと打ち合わせる場面が多々ありました。
その中で、サーバに関する知識の習得や、システムの改善を行う事に興味を持ちました。

実績としては、オペレータが電話をお客様へ発信し、留守電話となった場合において留守電一つ一つ肉声で吹き込みを行っている事が非効率と感じました。
留守電になった場合は、システムで自動音声へ切り替えオペレータは次の電話番号へ発信といったプロセス考案し社内SEへ相談。結果、システム改善の提案が通り、オペレータ全体での電話発信率が1.7倍へと向上し年間MVPを受賞しました。」

社内SEの志望動機を聞かれた際はどのように答えていましたか?

技術的な業務だけではなく、他者とのコミュニケーションを図る事も好きなので、お客様とコミュニケーションを図り、困っている事や改善して欲しい情報をヒアリングしてシステムを運用、または作り上げていく仕事をしたいと考えています。

その職種として社内SEは自身の要求を満たしている職業だと感じています。

製造業(鉄鋼)で社内SEをしているYさんの志望動機と自己PR

steel-mill-616536_1280

社内SE、Yさんの経歴

新卒でユーザー系SIerにプログラマーとして就職し、オープン系システムの運用・保守の担当として客先に派遣され、業務にあたるようになりました。

しかし、派遣先の業務の中でプログラムの知識を求められることが少なくなっていき、DBの運用・保守やシステム開発部門とエンドユーザーの仲立ち、工事の管理などを行うようになりました。

社内SEになってからは、社内サーバー・社内システムの運用と外注ヘルプデスクの管理と、コンプライアンスにもかかわるセキュリティ教育などを担当しています。

履歴書・職務経歴書の自己PR欄にはどのようなことを書きましたか?

パソコンやソフトウェアの知識だけでなくネットワーク・セキュリティの知識も持ち合わせていることをアピールしました。また、実際にある企業のネットワークインフラを構築した際に、ソフトだけでなくハードウェア設置まで行った経験があったため、電話や電気に関する人脈があることも併せてアピールしました。

実際、これらのポイントは大きく評価されたと聞いています。

社内SEの志望動機を聞かれた際はどのように答えていましたか?

「現在、各部門ごとでばらばらに管理されてしまっているセキュリティポリシーを統一し、それを元に教育を行える体制作りを企画したいと考えています」というアピールを行いました。

外資系の医療系商社の社内SE・Kさんの志望動機と自己PR

medic-563423_1280

社内SE、Kさんの経歴

プログラマーからSEを経て,社内SEに転身した者です。

文系出身なので,ITの技術的なスキルなどは会社に入って一から学びました。

以前は国内系企業の担当SEでしたが,親会社が体質の古い金融だったため,より活躍の機会が広がる場を求めて転職しました。
現在は比較的女性の活用が進んでおり,働きやすい仕組みが整えられている外資系企業で働いています。

履歴書・職務経歴書の自己PR欄にはどのようなことを書きましたか?

市場で価値があると言われている「SAP導入の経験」や「BIの戦略的活用」を担当者として,リーダーとして両方の立場から対応したという記述を盛り込みました。
また,英語の実務経験がなかったので,英会話学校やTOEIC受験などで独学していることを記載しました。

社内SEの志望動機を聞かれた際はどのように答えていましたか?

「部分的な業務のみならず,社内のさまざまな業務をIT活用により改善し,会社としてのプロモーションとひいては売り上げの向上につなげていきたい」とアピールしました。

外資系だったので,「日本法人の存在感をIT面で示したい」ということも伝えました。

搬送機械メーカーの社内SE・Pさんの志望動機と自己PR

7566a6baae9bdf7b18e0bf5d60191ca1_m

社内SE、Pさんの経歴

35歳でマテハン(搬送機械)メーカーの社内SEとして転職しました。その後5年間の社内SEを経て社外向けSEも担当しました。

社内SEになる以前の職種はMS Officeのインストラクター、Javaインストラクター、個人法人向けITサポート業務にアルバイトや派遣社員として携わっていました。
何事も新たにチャレンジする事が好きで、ルーティンワークよりもトラブル対応や新プロジェクトの立ち上げなど自分の糧となる業務にやりがいを感じます。

社内SEへの転職の際は、所属部署の遂行すべき業務は何なのか、また業務に際してどの程度の裁量が認められるのか、という点を重視して会社選びをしました。

履歴書・職務経歴書の自己PR欄にはどのようなことを書きましたか?

以下の3点を中心にアピールしていました。

・MS Word、Excel、PowerPoint、Accessはインストラクターとして指導できる程度に使えます。
・VBA、Javaの実務経験はありませんが、こちらもインストラクターとして指導した経験があります。
・自分の知らない技術、問題に遭遇したら、独力で調べて解決し、新しい技術は積極的に取り入れようとする性格です。

社内SEの志望動機を聞かれた際はどのように答えていましたか?

「パソコンサポート業務で培ったITスキルやインストラクター業務で常に意識した『お役立ち』の心構えは社内SEの業務に役立つと考えています。また困難な場面に遭遇した時にそれを解決することに喜びを感じる私の性格は、自力で問題を発見・解決することが必要となる社内SEに適していると思います。」

というように答えたと記憶しています。

流通業の社内SE・Tさんの志望動機と自己PR

8f89d96843916fc280222f0593eaa66e_m

社内SE、Tさんの経歴

普通科高校卒業後、IT関連の専門学校に進学するも1年弱で中退し、10年ほどのシステムとは無関係の職に就いていました。

長いブランクを経てからソフトウェア開発会社にプログラマーとして転職。
数年間はプログラマーとして従事した後に社内SE職に転職しました。

社内SEとしての会社選びの基準は、安定して永く働けること。
パソコンの面倒を見るだけでなく、基幹システムの運用などに係われることでした。

履歴書・職務経歴書の自己PR欄にはどのようなことを書きましたか?

・そもそもプログラマーとして働き始めたのは、社内SE職に就くためにスキルを養うことが目的だったこと。
・プログラマーとしての経験により数種のプログラム言語によるコーディングができるようになったこと。
・プログラマー職ではプロジェクト案件のある会社に派遣されるが、プロジェクトが終わるとその現場を離れて異なる現場に派遣されるということの繰り返しだった。自分の要望は一つのシステムに長く係わり、細部まで熟知したうえで上流工程に関わりたいと思っていること。

という3点をメインに自己PRを書きました。

社内SEの志望動機を聞かれた際はどのように答えていましたか?

上の内容と重複しますが、一つのシステムに長く係わって上流工程を経験したいというのが最大の動機だったため、この点を重点的に何度も繰り返し訴えました。

社内SEは狭き門!応募書類を出してしまう前に、プロの添削を受けるべし!

student-849816_1280

社内SEへの転職は人気がある上に、募集がそれほど多くないため狭き門となります。

そのため、万全の選考対策が必要になるので、社内SEへの転職を目指す人はレバテックキャリアなどのエンジニア専門の転職エージェントの転職サポートを利用することをオススメします。

レバテックであれば、無料で相談を受け付けていますし、志望動機の添削などの選考対策も手厚く行ってくれます。

IT業界の闇であるSIピラミッドから抜け出して社内SEになりたいけど、自己PRや志望動機に不安がある方、技術はあるのに面接が苦手な方など、
レバテックなどの転職エージェントに相談すればどうにかなる可能性が高いです。

社内SEの選考を突破するために、一度はプロの目線からのチェックを受けておきましょう。

レバテックキャリアで、志望動機・自己PRのレビューを受けよう!

レバテックキャリア
IMG_0446

レバテックキャリアはIT業界専門の転職エージェントとして、数多くのITエンジニアの転職をサポートしてきているため、IT業界のあらゆる企業への転職対策のデータを豊富に持っています。

つまり、あなたが転職したい企業の選考をクリアしてきた先輩エンジニアたちが、実際にどういう自己PR文を書き、どんな志望動機を語ってきたのか、レバテックのアドバイザーたちなら、その答えを知っているのです。

転職はしたいけど、自分の強みやアピールポイントがわからないという人でも、レバテックのアドバイザーに相談すれば、「ネットワーク、インフラ周りの知識と経験があるので、社内SEとしてのアピールになりますよ!」など、具体的にアドバイザーが自分の強みを見つけてくれるので、自己PRに困らなくなります

相談や求人の紹介を受けるのは無料で、その後も一切料金はかかりません

社内SEに転職したいエンジニアの方は、履歴書を送ってしまう前に、一度でいいのでレバテックに添削してもらっておいたほうが良いでしょう。

中途採用の転職は早い者勝ちです。
採用予定人数に達するとすぐに募集が締め切られてしまうため、いい条件の求人は一瞬で定員となり、募集が終了してしまうケースが非常に多いです。
なので、たとえ今すぐに転職するつもりがなくても、転職サイトへの登録は済ませておき、いい求人が出たらすぐに対応できるように日頃から情報収集しておくのが大切です。

ABOUTこの記事をかいた人

編集長:和田

大学を卒業後、大手SIerでSEとして働く。IT企業とは名ばかりのクリエイティビティのない現場、スキルのつかない仕事、徹夜やサビ残・偽装請負が常態化するあまりにもブラックな環境、ラッシュ時の東京メトロ豊洲駅のホームの狭さに耐えきれず転職。Webエンジニア、社内SEなどを経て、現在はフリーのWebディレクターとして独立。 →詳しいプロフィールはこちら

「仕事辞めたい!けど転職は怖いし迷う…!」
「俺、転職できる?辞めても大丈夫かな?」
「ぶっちゃけ、転職したら年収上がるの?」

…などなど、SEにありがちな悩みに、
私、編集長の和田がお答えしよう!

現状をなんとかしたいが、何をすべきか分からず、
行動に移せないでいる人は、ぜひ参考にしてくれ!

「自分にどんな仕事が向いているかわからない」
「年収アップが狙えるのってどんな仕事?」
「もっとホワイトな職種ってないの?」

といったお悩みを抱えているあなたに
ピッタリなのが、この「転職診断」だ!

30秒程度の簡単な質問に答えるだけで、
あなたに合う職種を診断して紹介するぞ。

さぁ、下のボタンをクリックして、
早速、診断をスタートしてみてくれ!

カンタン30秒!転職診断をはじめる

希望条件から転職サイトを探してみる

希望勤務地(必須)
雇用形態
職種
こだわり条件