スキルアップ転職を目指すエンジニアはレバテックに相談しよう

スポンサーリンク
「Excel方眼紙を作るばかりで、何の技術も身につかない!」
「JavaやCOBOLじゃなく、Rubyなどの新しい言語の経験を積みたい」
「これからの時代はWebだ!Web系に移籍したい」

といった感じで、なかなかスキルが身につかないことを悩むSEの方は多いと思います。

転職することで、エンジニアをとしての腕を磨ける環境に行きたい、スキルアップしたいという方は、エンジニア専門の転職エージェントである「レバテックキャリア」を利用するのがオススメです。

レバテックに相談すれば、スキルアップ転職できる理由

担当者がITの現場や技術に詳しい

エンジニアにとって、実際に働く現場の環境は、身につけられるスキルに大きく影響します。

周りが優秀なエンジニアばかりで、使用する言語もツールも最新のものを積極的に取り入れて、効率よく良いモノを生み出すことにフォーカスする文化がある環境にいれば、自然とスキルアップが測れるものです。

そういった現場を探すために、人事・キャリアのことだけでなく、IT技術の話も通じるレバテックのアドバイザーの情報は、非常に参考になります。

レバテックのアドバイザーは、求人を出している現場の開発環境、使用されているツールのバージョンまでヒアリングし、把握しているそうです。

担当のアドバイザーはIT・Web転職・求人の動向や、プログラミング言語・開発ツールなどの専門知識まで学習して知っています。そのため、エンジニアのスキルについて詳細なヒアリングをした上で、キャリアプランと求人を提案してくれます。

ですので、あなたがエンジニアとしてどんなスキルを身につけたいのか、どんなキャリアパスを考えているのかをしっかりと話し合った上で、
スキルアップのために最適な現場を紹介してくれます。

IT・Webの非公開求人がたくさんある

レバテックキャリアの保有する求人は、担当者が直接企業に足を運び、現場のプロジェクトマネージャや人材担当者に直接ヒアリングして集めた独自のものです。

競争が激しいIT・Web業界は、人材の募集が秘密裏に行われることも多く、一般の転職サイトには掲載されないものがありますが、
レバテックでは、そういった非公開の求人を多数あつかっているので、レアな求人、条件のいい求人を紹介してもらえます。

書類の添削や面接対策などの選考対策が充実している

レバテックキャリアでは、求人の紹介だけでなく、選考対策のサポートもしてくれます。

これまでにレバテックを通じて転職したエンジニアたちからヒアリングした、各企業の採用時の書類・面接対策データを多数保有しています。
それをもとに、採用担当者の目にとまるスキルシート・ポートフォリオの書き方や、面接でのアピールの仕方、内定後のフォローまで手伝ってくれます。

転職を考え始めたばかりでも相談に乗ってくれる

レバテックは、相談したからといって、転職しないといけないわけではありません。
実際、まだ転職を検討している段階の人でも、自分の市場価値や適職の診断のために相談に訪れる人が結構いるそうです。

なので、「転職ってどうなんだろ?」くらいの気持ちの人でも気軽に相談にいくことが出来ます。

初めての方は、個別相談会への参加がオススメ!

いきなり転職面談の申し込みをするのに抵抗がある人は、レバテックが開催している個別相談会に申し込みをするのが、気軽でいいかもしれません。

レバテックでは、以下のようにテーマ別・お悩み別に個別相談会を開催しています。

levtech_soudankai_1 levtech_soudankai_careerup_01 levtech_soudankai_careerup_02
「初めての転職」を考えている方の相談会
SIerからWeb業界への転職を考えている方の相談会
これから転職準備を始める方の相談会
この先のキャリアアップを目指す方の相談会
転職のタイミングや業界動向を知りたい方向けの相談会

などなど、今すぐに転職をするつもりがなくても、様々な悩みに対応してくれます!

ですので、まずは自分の悩み、知りたいことに合いそうなテーマの個別相談会に申し込んでから、転職活動を始めるかどうか考えてみるとイイでしょう。

スキルアップを目指すエンジニアはレバテックに相談してみよう!

レバテックキャリア
IMG_0446

レバテックキャリアは、エンジニアの転職を専門に扱ってきた経験から、IT業界と技術への理解度がとても深いです。

開発現場のPMなどにもヒアリングを行い、開発に利用するツールのバージョンまで把握するほどの現場主義

担当のカウンセラーの知識も豊富で、「Pythonの仕事をやりたい」「railsを使ってWebサービス構築に関わりたい」などの技術的な要望を出しても、スムーズに話が通じます。

「pythonが使えるなら、データエンジニアの仕事はいかがですか?」
「Javaの経験を生かして、需要が増えているscalaのエンジニアにチャレンジしてみませんか?」といった、
エンジニアとしての具体的なキャリアアップの提案を受けることが出来ますよ。

中途採用の求人は早い者勝ちです。募集期間が残っていても、採用予定人数に達するとすぐに募集が締め切られてしまいます。
いい条件の求人は特に締め切られるのが早く、掲載から数日以内に終了してしまうケースも少なくありません。
たとえ今すぐに転職するつもりがなくても、普段から転職サイトはマメにチェックしておき、いい求人が出たらすぐに対応できるようにしておくのが転職を成功させるコツです。

ABOUTこの記事をかいた人

編集長:和田

大学を卒業後、大手SIerでSEとして働く。IT企業とは名ばかりのクリエイティビティのない現場、スキルのつかない仕事、徹夜やサビ残・偽装請負が常態化するあまりにもブラックな環境、ラッシュ時の東京メトロ豊洲駅のホームの狭さに耐えきれず転職。Webエンジニア、社内SEなどを経て、現在はフリーのWebディレクターとして独立。 →詳しいプロフィールはこちら

「仕事辞めたい!けど転職は怖いし迷う…!」
「俺、転職できる?辞めても大丈夫かな?」
「ぶっちゃけ、転職したら年収上がるの?」

…などなど、SEにありがちな悩みに、
私、編集長の和田がお答えしよう!

現状をなんとかしたいが、何をすべきか分からず、
行動に移せないでいる人は、ぜひ参考にしてくれ!

「自分にどんな仕事が向いているかわからない」
「年収アップが狙えるのってどんな仕事?」
「もっとホワイトな職種ってないの?」

といったお悩みを抱えているあなたに
ピッタリなのが、この「転職診断」だ!

30秒程度の簡単な質問に答えるだけで、
あなたに合う職種を診断して紹介するぞ。

さぁ、下のボタンをクリックして、
早速、診断をスタートしてみてくれ!

カンタン30秒!転職診断をはじめる

希望条件から転職サイトを探してみる

希望勤務地(必須)
雇用形態
職種
こだわり条件