ITゼネコン(SIer)は、関わるすべてのエンジニアを不幸にする

スポンサーリンク

エンジニアを不幸にする諸悪の根源、ITゼネコンとSIピラミッド

ITゼネコンとは、顧客から直接システム開発の依頼を受ける大企業(いわゆるSIer)と、それらの企業を頂点に、ピラミッド状に多数の下請け・孫請け企業がぶら下がっている多重下請け構造のことを指す言葉です。

建築業界のゼネコンと構造が似ていることからその名前がついたものです。

また、大手SIerを頂点にピラミッド状にどんどん下請けがぶら下がっていくようになっているその構造から、SIピラミッドなんて呼ばれたりもします。

SIpyramid.001
一部の大手SIer(ITゼネコン)を頂点に、下請け、孫請け企業がピラミッド状に連なる。一般に、ピラミッドの下層にいくほど劣悪な環境・低賃金で働かされることが多い。しかし、じゃあ最上位の会社に入れば幸せなのかと言うと、案外そうでもない…

実際に経験した人ならおわかり頂けると思いますが、このITゼネコンを中心とする多重下請け構造は関わる全てのエンジニアを不幸にします。

今このSIピラミッドにいて苦しんでいるSEの方や、何も知らずにSIピラミッドに入ってしまった方は、できるだけ早く脱出した方が幸せになれるかもしれません。

ITゼネコン(SIピラミッド)の各レイヤーで使い潰されるエンジニアたち

元請け(プライム)

日立、NEC、富士通の3社に加え、国内SIer最大手のNTTデータ、IBM、ヒューレットパッカードなどの外資系ベンダーが代表的です。

ここに、国内SIerの「二位グループ」と呼ばれる、NRI、大塚商会、ITホールディングス、SCSK、CTCなどが続きます。

SIピラミッドの最上位に位置する元請けは、システム開発を依頼したユーザーと直接やり取りをしながら、システムの要件や仕様を決めていきます。

元請けに属するエンジニアは、労働環境だけで言えば比較的マシなケースが多いようです。
しかし、だからと言って元請けになれば幸せ、というわけでもありません

元請けの企業は、プロジェクトにかかるコストを出来るだけ削減するために、実際の開発業務はほとんど下請け以下の企業に作業を委託します。

そのため、元請け企業に所属するSEのやることは、プロジェクトの管理業務や各種ドキュメントの作成、客との折衝ばかりになり、IT技術者らしい仕事はほぼありません

元請けのSEがしばしば「Excel職人」と揶揄される所以です。

私が以前働いていたのもこの元請けSIerでしたが、プログラミングなど全くすることはありませんでした。

やることと言えば、ひたすらExcelでWBSと呼ばれる工程管理表を作ったり、進捗報告の会議に出席して一日中下請けさんの話を聞いてるだけだったり、エンジニアらしい仕事は一切ありませんでした。

それでも、私はまだマシなケースだったようで、私の同期には、一日中USBメモリにデータを入れては、それを隣のPCにコピーするだけの「バイトでも出来る作業」に従事させられている人すらいました。

一次請け(下請け)

下請け企業のエンジニアは、実際にコードを書いてシステムを作る仕事をすることが多いようです。

しかし、ここでの仕事も、ITエンジニア本来のあるべき姿とは程遠いものです。

プログラミング出来ることは出来るのですが、下請けのエンジニアは元請けが決めた設計書、フレームワーク、規約にそって開発しなければならず、クリエイティビティやオリジナリティを発揮したり、最新の技術を駆使して新たなモノを作り出したりすることは一切ありません。

自由に作品を生みだしていくタイプの仕事ではなく、ただ単に日本語から各種プログラミング言語に翻訳していくだけの仕事だと思ったほうが良いでしょう。

特に、既に稼働しているシステムへの機能追加や改修作業においては、大きな変更をくわえることで不具合が出たら困るので、新しいアイデアや改善は「禁止」されていると言っても過言ではありません。

そのような現場のSEは「いまさら新しい技術なんか覚えたくない」と公言する人間すらいますし、実際に「わかりにくいからオブジェクト指向は使うな!」とか言われることも珍しくありません。

孫請け

孫請けは、いわゆる「IT土方」と呼ばれる方々を想像していただいて間違いないでしょう。

元請けや下請けは、受注者と発注者の力関係をタテに、無茶なスケジュールや極端な低予算で孫請けを潰れるまで働かせます

ITゼネコンの最も闇の深い部分にあたり、このレイヤーに属する企業に入ってしまったエンジニアは一刻も早く脱出を考えた方が長生きできます。

エンジニアとしての将来を考えると、ITゼネコンから逃げるべき

f7ea0dff576f6a5e624a2efe0fda62b1_m
ITゼネコンを中心とする、SI多重下請け構造のピラミッドに属する限り、エンジニアが幸せになることはありません。

元請けに近い位置にいればただのExcel職人・進捗管理係になり、ITのスキルは全く身につきません

下請けになっても、ひどい待遇で単純作業のようにコードを書かされるだけで、システムを企画したり設計したりするいわゆる上流のスキル、プロダクト開発の能力はつきません。

IT業界の構造を知らないままにSEになってしまったエンジニアは、新興のWeb系の企業に転職するとか、非IT系企業の社内SEになるなどして、ITエンジニアらしい経験をつめるようにキャリアを見なおす必要があります。

そうしなければ、何も考えずにSIerで単純作業ばかりするSEに待っている未来は、SIビジネス崩壊に伴う失職か、過労死の二択です。

ABOUTこの記事をかいた人

編集長:和田

大学を卒業後、大手SIerでSEとして働く。IT企業とは名ばかりのクリエイティビティのない現場、スキルのつかない仕事、徹夜やサビ残・偽装請負が常態化するあまりにもブラックな環境、ラッシュ時の東京メトロ豊洲駅のホームの狭さに耐えきれず転職。Webエンジニア、社内SEなどを経て、現在はフリーのWebディレクターとして独立。 →詳しいプロフィールはこちら

「仕事辞めたい!けど転職は怖いし迷う…!」
「俺、転職できる?辞めても大丈夫かな?」
「ぶっちゃけ、転職したら年収上がるの?」

…などなど、SEにありがちな悩みに、
私、編集長の和田がお答えしよう!

現状をなんとかしたいが、何をすべきか分からず、
行動に移せないでいる人は、ぜひ参考にしてくれ!

「自分にどんな仕事が向いているかわからない」
「年収アップが狙えるのってどんな仕事?」
「もっとホワイトな職種ってないの?」

といったお悩みを抱えているあなたに
ピッタリなのが、この「転職診断」だ!

30秒程度の簡単な質問に答えるだけで、
あなたに合う職種を診断して紹介するぞ。

さぁ、下のボタンをクリックして、
早速、診断をスタートしてみてくれ!

カンタン30秒!転職診断をはじめる

希望条件から転職サイトを探してみる

希望勤務地(必須)
雇用形態
職種
こだわり条件