レバテックキャリアの評判・詳細

スポンサーリンク
レバテックがおすすめな人
Web・ゲーム業界に転職したいエンジニア
「わりとコードは書けるよ!」ってエンジニア
すでに転職活動を始めている、準備している人

こんな人には不向きかも
地方で働きたい人(首都圏・大阪以外の求人少なめ)
フランク、軽いノリが許せない人

そういう人はこちら→DODA(デューダ)の口コミ・評判

「レバテックキャリア」の詳細・おすすめポイント

IT業界・技術の具体的な話ができるから、紹介される求人とのマッチングの質が高い

残念なことに、大手のエージェントであってもITの技術には詳しくなく、応募者のスキルセットと、企業の求めるスキル一覧を単純にマッチングすることしか出来ないアドバイザーも少なくありません。

しかし、レバテックキャリアのキャリアアドバイザーは、IT業界のみならず、プログラミング言語やフレームワーク、開発ツールに関する知識も豊富です。

元SEのアドバイザーも在籍していたり、休日には趣味でプログラミングをしていて、Githubのアカウントも持っているアドバイザーもいるほど。

「pythonとRが使えるから、データサイエンスをやりたいんです!でも、機械学習とかの経験はなくて、そのあたりがわからなくても、とりあえず統計の素養だけで入社できて、業務を通じて機械学習とかもできる会社ありませんか?」

なんて、専門用語てんこ盛りで話したって、レバテックなら大丈夫です。

現場の雰囲気・社風に詳しい

レバテックキャリアは、求人を掲載している企業の人事担当者だけでなく、開発現場のPMともミーティングをしたり、開発メンバーにまでヒアリングを行うなど、現場の空気や雰囲気にまで精通しているエージェントです。

  • 開発に使用しているフレームワークや、ツールは何なのか?
  • チームの雰囲気や、マネージャーとメンバーの関係性はどうなのか?
  • どういったキャラ、雰囲気のエンジニアが働いているのか?

というような「転職したエンジニアが、実際にどういう環境で働くのか?」という点にこだわり、徹底的に調査を行なっています。

大手の総合系には真似できない徹底した調査と、企業の人事のみならず、現場のエンジニアに至るまでヒアリング・ミーティングを行うことから生まれる「情報量の差」は、専門エージェントならではと言えるでしょう。

レバテックのエンジニアによるコードレビューが受けられることも

Githubなどで自分が書いたコードをレバテックのアドバイザーと共有しておくと、レバテックのエンジニアがそれを見てコードレビューをしてくれたという事例もあるとのことです。

求職者全員に必ずやっているというわけではないようですが、コードレビューまでしてくれる転職エージェントってなかなかありませんから、選考過程で自分の書いたコードを提出させられるような企業を受ける際には、ぜひとも利用しておきたいサービスですね。

アドバイザーにはLINEで相談可能!

レバテックのアドバイザーさんの名刺の裏には、その人のLINEのQRコードが印刷されています。

レバテックキャリアの人にもらった名刺

なので、いちいちメールや電話を入れなくてもサクッとLINEで気軽に相談することができます。

転職活動中にはわからないことや疑問・質問などがいろいろと出てくるものですが、「こんなことイチイチ聞いてもいいのかな?わざわざ電話するのも気がひけるし…」なんて思ってなかなか気軽に聞けないことも多いかと思います。

ですが、LINEであれば割と気軽に質問できちゃうもので、相談するハードルがとても低くなります。

レバテックキャリアは未経験でも相談OK!ただし、独学くらいはしとこうな。

レバテックキャリアに相談すれば、未経験者でもOKな求人を紹介してもらえます。

もちろん、IT業界自体が未経験だという人でも大丈夫です。

むしろ、業界のことを全く知らない人が、一人で適当に転職先を選ぶ方が危険ですので、
経験が浅い人ほど、プロであるキャリアアドバイザーを頼るようにしましょう。

とはいえ、全くITスキルもなく、PCもまともに使えないようなレベルでは、レバテックに限らずどこに相談してもはっきり言って時間の無駄でしょう。

編集長
新卒から3年以内くらいの「第二新卒」くらいの間であれば、全くの未経験でもポテンシャル採用と言うことで雇ってくれるところもあるにはあるとは思う。

だが、ぶっちゃけそういう企業ってちょっと危険だと思わないか?

なんというか、ブラック企業臭がするよな。そうだろう?

本当に業界経験が全くない、IT知識もないと言う人は、まずは自分でプログラミングを学んで最低限何か1つくらいは人に見せられるものを作っておくべきだろう。

というか、それくらいした経験がないと、プログラミングとかITを好きになれそうかどうか、本当にITを仕事にして幸せになれるかわからないだろう?

「先輩にも未経験からの人が!」
「丁寧な研修があるから安心!」
「初めての人でも大丈夫!」

みたいな甘い誘い文句にまんまと引っかかってはダメだぞ!

登録はちょっと面倒!

レバテックはWebサイトからの登録それ自体は簡単ですぐに終わります。

しかし、Web登録後のエントリー確認メールの返信で、履歴書、職務経歴書、希望条件の提出を求められるので、ぶっちゃけここはちょっと面倒です。

いきなり「履歴書」「職務経歴書」「希望条件」を求められる。家に帰ってからわざわざPC開いて作業するハメになるのはちょっと面倒くさいと感じるのではなかろうか。
また、希望条件もずらずらと長い。すべて記入するのもなかなかにダルいので面談時に聞いてほしい。この工数を省きたければ、Webでエントリーした後、メールに記載されているレバテックの電話番号に電話してしまって口頭で希望条件を伝えるのも手だろう。
編集長
とまあ、どこのエージェントでも登録するのは多少面倒だが、残念ながらレバテックも例外ではない。

しかし、レバテックはメールの最後の方にあるリンクから履歴書のテンプレをダウンロードできるようにしてくれている。

転職するならいずれ履歴書は必須となるので、面倒でもこの機会に履歴書を作ってしまっておくといい。

レバテックキャリアの料金・費用は無料!

レバテックキャリアを利用するのに、費用はかかりません。
登録も、その後の利用も最後まで無料です。

これは、転職エージェントのビジネスモデルが「求人を掲載する企業から、成功報酬をもらう」形になっているためで、一般の利用者は一切費用はかかりません。

レバテックキャリアの利用は無料
レバテックのwebサイトより。「全て無料」の文字が。

レバテックキャリアの所在地は首都圏と大阪

首都圏(渋谷)と大阪になります。

紹介してもらえる求人も、首都圏と大阪が中心になるので、
これらの地域で働きたい人は、まずはレバテックを利用してみましょう。

レバテックキャリアの口コミ

口コミ投稿者プロフィール

・名前:りおん
・性別:男
・転職時の年齢:27
・転職前の職種:介護福祉士
・転職後の職種:WEBプロデューサー

レバテックキャリアを利用した評価・感想

【総合評価】 ・・・★★★★★(5/5)
【アドバイザーの質】・・・★★★★★(5/5)
【サポートの手厚さ】・・・★★★★☆(4/5)
【求人の量】 ・・・★★★★☆(4/5)
【求人の質】 ・・・★★★★★(5/5)

現在のお仕事について教えてください

介護福祉士や看護師の方なら聞いた事があると思いますが、介護求人ナビというサイトがあります。
そこで新しいコンテンツを考えたりしています。

私の様に介護福祉士からWebプロデューサーのような職種に転職される方は非常にまれだと思います。
しかし言い換えれば、このような未経験からのWeb業界への転職も可能だと言うことです。

介護の現場にいたからこそ,わかる事がたくさんあったので、それが今の職種にも活かせています。
現場にいるときに言いたくても言えなかった事を、今の仕事で提案できたりするので。

レバテックキャリアを利用した感想を教えてください。

実際に面談に行かせて頂いた時に、自分のやりたい事やスキル等を聞いて頂いて、
スキルアップの研修を提案して頂き、とても社員を尊重しているんだなと感じました。

レバテックキャリアのスタッフの方が丁寧に対応してくれたので、印象が良かったのだと思います。

レバテックはどんな人にオススメですか?

レバテックキャリアをお薦めしたい方は、自分のアイデアを形にできる環境で働きたいと考えている方ですね。
レバテックキャリアは他の転職サイトに比べると、応募する前の段階でかなりの企業情報が載っているのは嬉しかったです。

転職して年収は上がりましたか?

約150万円上がりました。

レバテックを利用して、改善して欲しい点はありましたか?

特になし。

レバテック詳細スペック

総合評価★★★★★
公開求人数1,136
非公開求人数不明
対応地域首都圏、大阪
年収アップ率不明
雇用形態派遣
正社員
得意職種ITエンジニア
設立2005年4月
社員数約300人
資本金5000万円
拠点数10

レバテックキャリアで求人を紹介してもらうには[PR]

編集長
エンジニアとしてのキャリアを考えるにあたり、このまま今の仕事を続けるべきなのか、それとも、転職した方が良いのか、
迷いが生じているなら、一度相談に乗ってもらうといいだろう。

レバテックのことが気になったなら、下のボタンから公式サイトをチェックしてみてくれ!

希望する条件から転職サイトを探す!

希望勤務地(必須)
雇用形態
職種
こだわり条件

ABOUTこの記事をかいた人

編集長:和田

大学を卒業後、大手SIerでSEとして働く。IT企業とは名ばかりのクリエイティビティのない現場、スキルのつかない仕事、徹夜やサビ残・偽装請負が常態化するあまりにもブラックな環境、ラッシュ時の東京メトロ豊洲駅のホームの狭さに耐えきれず転職。Webエンジニア、社内SEなどを経て、現在はフリーのWebディレクターとして独立。 →詳しいプロフィールはこちら