社内SEって何すんの?経験者に社内SEの仕事内容を聞いてみた

スポンサーリンク

会社によってかなり違う、社内SEの仕事内容

一般に、社内SEの仕事内容は以下のような業務がメインとなっています。

・自社のIT全般の企画・構築・保守から、外部ベンダーとの折衝などの社内システム担当
・ユーザー部門の窓口、ヘルプデスク業務などの問い合わせ窓口的な業務
・社内ネットワーク環境の構築やIT機器の導入・管理

ただ、実際には勤務する会社によって、社内SEの仕事内容はかなり異なります。

上で挙げたような業務の他にも、全社員に対するITリテラシー教育やセキュリティ、コンプライアンス教育を担当して、実際に研修を行ったり、会社のWebサイト製作や、SNS運用まで含めたwebマーケティングの担当をすることまであります。

今回は社内SEの実際の仕事内容について、何人かの社内SEの方にインタビューしてました。

社内SEに聞いた、実際の仕事内容

外資系商社勤務のKさんに聞いた、社内SEの仕事内容

社内SEとして転職した企業の業種を具体的に教えて下さい。

医療機器を専門に扱う、外資系の卸売商社です。

企業規模を教えて下さい。

約500名ほどです。

社内SEとして働いている部署・チームは何人くらいの規模ですか?

派遣社員を含む、10名程度のチームです。

社内SEとして主に担当している業務を可能な範囲で詳しく教えて下さい。

社内基幹システム(経理・売り上げ管理・在庫管理)のSAPモジュールをグローバル本社の指示に基づき,定期的にエンハンスメント対応するのが中心です。

社内SEの仕事でやりがいを感じる瞬間、楽しいと思う瞬間はどんな時ですか?

全社導入プロジェクトなどが無事リリースされた時です。

データの不備など日常的に発生しますが,なかなか根本的な原因がわからず困っていた部分に新たなシステムを導入し,社内ユーザーに感謝された時は達成感を感じることができます。

今後のキャリアプランについて教えて下さい。

社内システムは,グローバル企業では特にアウトソースの傾向にあるので,今後はフリーで導入コンサルタント的な職務に取り組みたいです。

これから社内SEへの転職を考えている人に、なにか1つアドバイスをお願いします。

社内SEは、SEというポジションでありながら,会社全体を見渡す必要のある仕事です。経営陣にもの申す,くらいの気持ちがある方は是非トライしてみると良いキャリアになります。

鉄鋼メーカーのYさんに聞いた、社内SEの仕事内容

社内SEとして転職した企業の業種を具体的に教えて下さい。

製造業(鉄鋼業)です。

企業規模を教えて下さい。

約2000人です。

社内SEとして働いている部署・チームは何人くらいの規模ですか?

約10人程度です。

社内SEとして主に担当している業務を可能な範囲で詳しく教えて下さい。

社内サーバー・社内システムの運用と外注ヘルプデスクの管理と、コンプライアンスにもかかわるセキュリティ教育です。

社内SEの仕事でやりがいを感じる瞬間、楽しいと思う瞬間はどんな時ですか?

自分が構築したシステムをユーザーが利用してくれ、そのリアクションが返ってくるときはうれしかったです。

今後、どのようなキャリアプランをお持ちか教えて下さい。

社内SEの経験をいかして、社内システム部門を立ち上げるほどではないが、専門の知識を持った社内SEを欲している会社に対してサービスを提供する会社を起業しています。
既に起業しているので、会社がつぶれない限りはやって行きたいと考えています。

これから社内SEへの転職を考えている人に、なにかアドバイスをお願いします。

社内SEは間接部門であり、お金を稼がない部署であることを認識しておいたほうが良いと思います。
また、社内政治に巻き込まれる覚悟はしておいたほうがよいと思います。
人事・経理の方と仲良くして、役員派閥には気を使ってください。

役員同士の対立が理由で、理屈の通らない反対をする人が出てきたりします。事前の根回しを人事の方にお願いできるようになるとスムーズです。

エンドユーザーの利便性を下げてしまうことが多いセキュリティツールの導入や、操作方法やUIが変化する社内システムの更新などは現場からの反発で上手くいかないことがあるので気をつけてください。こちらも現場のキーマンに事前に操作説明を行うなど、根回しが重要になります。

マテハン(搬送機械)メーカーのPさんに聞いた、社内SEの仕事内容

社内SEとして転職した企業の業種を具体的に教えて下さい。

搬送機械メーカー(マテハンメーカー)。

社内SEとして主に担当している業務を可能な範囲で詳しく教えて下さい。

社内インフラ整備、社内業務システムの管理・修正、社内各種サーバー(データベース、ファイル)管理、業務用デスクトップアプリの作成、その他IT機器に関するヘルプデスク業務、新規IT機器導入時・リプレイス時のアドバイス。

社内SEの仕事でやりがいを感じる瞬間、楽しいと思う瞬間はどんな時ですか?

困り事が解決し、「ありがとう」と感謝される瞬間です。

従来、業務システムから出力されるデータを紙に印刷し、手作業でExcelに入力して目視でチェックしていました。
それをデータをテキスト出力してExcelにインポート、集計するプログラムに置き換えました。
そうすることで作業時間が毎日3時間短縮した、と喜びの声を聞いたときには私のそれまでの苦労が報われた気がしました。

これから社内SEへの転職を考えている人に、なにかアドバイスをお願いします。

それまでに取得したスキルのみでは解決できない問題に必ず遭遇します。
大切なのはその時にどのように解決するかです。

そのために助けとなるツール探しと最新のIT技術の情報収集、そして自己のスキルアップに日々励んでください。

流通業のT.Oさんに聞いた、社内SEの仕事内容

社内SEとして転職した企業の業種を具体的に教えて下さい。

流通業(小売)です。

社内SEとして主に担当している業務を可能な範囲で詳しく教えて下さい。

パソコンやLANのトラブルシューティング。

業務システムの問い合わせ窓口。
業務システムの企画・設計などの上流工程全般。

特に小売業では花形である、商品管理システムとEDIシステムを主に担当しています。

社内SEの仕事でやりがいを感じる瞬間、楽しいと思う瞬間はどんな時ですか?

ユーザーから感謝されること。

また、常に頼りにされ何かと相談を持ち掛けられること。

利用部門との窓口を長く続けていると、情報システム部門=自分という状況になります。

ので、システムが関連することになると「あの担当はどうした」と上役から指名でアサインされることが多々あり、信頼されていると実感できます。

これから社内SEへの転職を考えている人に、なにかアドバイスをお願いします。

とにかく人に話をさせ、よく聞き、正確に理解することです。
それから業種独特の業務知識、最後にシステム的な知識が重要です。

製造業(電化製品)のTさんに聞いた、社内SEの仕事内容

社内SEとして転職した企業の業種を具体的に教えて下さい。

製造業(電化製品)とITソリューションの提供.

社内SEとして主に担当している業務を可能な範囲で詳しく教えて下さい。

社内の会計システムの改修を担当しています。
経理業務を行っている部署に要件を聞き、それに優先順位をつけて限られたお金と実現可能な作業かを判断の上、システムが構成されるまでのスケジュールと作業分担を決めるなどしています。

また、システムのUIの部分は利用者の意見を細かく聞き、自分でデザインも決めたりもしています。

社内SEの仕事でやりがいを感じる瞬間、楽しいと思う瞬間はどんな時ですか?

ユーザーから直接「使いやすい」といってもらえる時です。

システムが完成して、はじめて経理の代表者がシステムを操作した際、予想以上の出来だとお褒めの言葉をいただいた時は嬉しかったです。

これから社内SEへの転職を考えている人に、なにかアドバイスをお願いします。

社内SEは通常のSEと違い、担当業務は多くなることがあります。

費用も限られているため、調整ごとやマネジメントなど多岐にわたり業務をする必要があります。

決して楽ではありませんが、その分、自分の能力を向上できるチャンスなので、裁量権の大きなSEとして、上を目指す人は是非チャレンジしてみてください。

社内SEに転職するなら、慎重に企業を選ぶべし!

いかがでしたか?一口に社内SEと言っても、企業規模や業種によって、担当する仕事内容が全く異なります。

もし、社内SEに転職したくなった時は、転職先の社内SEが実際にはどのような業務を行っているのかを調べあげ、それが自分の希望と合致しているかをチェックすることが非常に重要です。

ですので、社内SEの求人を探すときは、会社名や条件だけでなく、実際に入社した場合に担当することになる仕事内容も確認した上で、選ぶようにしてくださいね。

実際に求人を探す時のポイントは、以下の記事でご紹介しています!

社内SEへの転職で失敗しない、効率のいい求人の探し方

ABOUTこの記事をかいた人

編集長:和田

大学を卒業後、大手SIerでSEとして働く。IT企業とは名ばかりのクリエイティビティのない現場、スキルのつかない仕事、徹夜やサビ残・偽装請負が常態化するあまりにもブラックな環境、ラッシュ時の東京メトロ豊洲駅のホームの狭さに耐えきれず転職。Webエンジニア、社内SEなどを経て、現在はフリーのWebディレクターとして独立。 →詳しいプロフィールはこちら

「仕事辞めたい!けど転職は怖いし迷う…!」
「俺、転職できる?辞めても大丈夫かな?」
「ぶっちゃけ、転職したら年収上がるの?」

…などなど、SEにありがちな悩みに、
私、編集長の和田がお答えしよう!

現状をなんとかしたいが、何をすべきか分からず、
行動に移せないでいる人は、ぜひ参考にしてくれ!

「自分にどんな仕事が向いているかわからない」
「年収アップが狙えるのってどんな仕事?」
「もっとホワイトな職種ってないの?」

といったお悩みを抱えているあなたに
ピッタリなのが、この「転職診断」だ!

30秒程度の簡単な質問に答えるだけで、
あなたに合う職種を診断して紹介するぞ。

さぁ、下のボタンをクリックして、
早速、診断をスタートしてみてくれ!

カンタン30秒!転職診断をはじめる

希望条件から転職サイトを探してみる

希望勤務地(必須)
雇用形態
職種
こだわり条件