エンジニア専門転職エージェント「レバテックキャリア」現役アドバイザーへのインタビュー

スポンサーリンク
編集長
今回は、エンジニア専門転職エージェント「レバテックキャリア」さんのオフィスにおじゃまして、キャリアアドバイザーの方にインタビューをさせてもらった。

SIerからWeb系企業に行くためのスキルやマインドセットについて、また、SIerでの経験のうち、どんなものが転職活動でのアピールになるのかなど、プロの目線からのアドバイスを数多く聞いてきたので、Webに行きたいエンジニア、キャリアアップを目指すエンジニアは是非参考にしてみてくれ!

もくじ

今回、インタビューに答えてくれたキャリアアドバイザーはこの方!

井上 香(いのうえ かおり)さん

エンジニア専門の転職エージェント、レバテックキャリアの現役キャリアアドバイザーとして、日々多くのエンジニアの相談に応じている。
「エンジニアとの共通言語・共通認識を持つため」に自身もプログラミングを学習中で、
社内のエンジニアに教えてもらいながらRailsを使ったサイト作成などに取り組んでいるとのこと。

レバテック最大の強みは「マッチング精度」と「手厚すぎるサポート体制」

ー まず、転職エージェントを始め、人材業界にはいろんなサービスがあると思います。
その中で、レバテックがヨソには負けない、これがレバテックの強み・特徴だ!というポイントってどんなところになるでしょうか?

はい、レバテック最大の強みは「マッチングの精度の高さ」と、「転職活動の各種サポートの手厚さ」です。

エンジニア担当と企業担当を分けることでそれぞれの専門性を高め、ベストマッチングを実現する

レバテックでは、転職を考えている求職者さんを担当する「キャリアアドバイザー」と、
求人を出している企業を担当する「リクルーティングアドバイザー」と別の人間が担当することで、
それぞれの専門性を高めるようにしています。

一般的に、転職エージェントのような人材紹介業には大きく2つのタイプがあります。

ひとつが、求職者さんのカウンセリングと企業との窓口を、同じ人間がひとりで一気通貫でやっているもの。
もうひとつが、求職者さんのカウンセリングと企業との窓口を、それぞれ別々の人間が分かれて担当するものです。

レバテックは、後者のカウンセリング担当と企業担当を分けているモデルを採用しています。

それぞれのを別の人間が担当している分、企業担当であれば企業側の目線に立ち、どのような採用戦略のものと、どんな人材が欲しいのかということを考える。
エンジニア担当であれば、エンジニアの目線に立ってどういうところに行きたいか、どんなキャリアパスを実現したいかなどを考える。

この両者の担当が、それぞれの立場からそれぞれの視点を持って、お互いにとって最適な提案をするべく議論する、というのがベストマッチングを実現している仕組みです。

エンジニア専門ならではのフォローの手厚さ。現役エンジニアによるコードレビューを行った例まで

転職活動中の各種フォローの手厚さもレバテックの特徴のひとつです。

履歴書・職務経歴書の添削から、模擬面接などの面接対策はもちろん、最近の例で言えば、求職者の方がGithubにあげているコードを、
企業に提出する前にできるだけクオリティを高められるよう、レバテックのエンジニアがコードレビューするというサポートをした例もあります。

ー そんなことまでしてもらえるんですか?応募企業へのソースコード提出前に、現役のエンジニアのコードレビューを受けられるのはかなり大きいですね。

本当は十分にアピールになるコードをかけるだけの実力があるのに、考え方や見せ方をわかっていないがために、
もったいない状態になっているケースもあると思うんです。

そこに、現役のエンジニアからのフィードバックが入ることによって、考え方が変わり、見栄えや構造が良くなり、
企業からの評価も変わってくるのかなと思っています。

特に、Githubでのコード提出が必須の会社を受けるときなど、求職者さんの書いたコードを
「これどうですか?」って社内にいる現役のエンジニアに見せて、チェックしてもらったりフィードバックをもらう
ということも、必要に応じて行うようにしています。

勉強会やプログラミング学習などを通じて、エンジニアとの「共通言語・共通認識」を持つ

キャリアアドバイザーが自分でコードを書き、Githubに公開

また、キャリアアドバイザーを始めとする人材紹介チームが、社内のエンジニアにプログラミングを教えてもらう勉強会などを定期的に開催しています。

自分たちのPCで、実際にプログラミングをすることで、少しでもプログラミングやエンジニアリングの世界への理解を深めようという試みです。

プロジェクトの目的としては、キャリアアドバイザー自身が実際にコードを書く経験をしておくことで、エンジニアとの面談時に役立つ「共通言語」を身につけること。
ひいてはそれが、マッチングの質を高めることにもつながるのかなと思っています。

もちろん、キャリアアドバイザー全員がエンジニア出身者というわけではないので、今はそれほど高度なことができているわけではありませんが、
将来的には、キャリアアドバイザー全員の名刺にGithubのアカウントを乗せておいて、自分のアウトプットがそれぞれ見せられるような形にするという構想もしています。

ー そうなんですね。ちなみに、井上さんは何を作られたんですか?

この前の勉強会では、ブログ形式のページを作って表示する、というのをやったところです。

実際のブログシステムのように管理画面から投稿する、とかの機能までは実装できていないのですが、自分のPCに仮想マシンをインストールして、Railsの環境構築を行い、最終的に作ったソースをGIthubにあげたりといったところまで勉強しました。

レバテックのオフィスで、一般参加OKな勉強会「ヒカラボ」を開催

また、レバテックでは「ヒカラボ」という社外向けのオープンな勉強会を主催しています。
ヒカラボは弊社エンジニアだけでなく、外部のIT企業の方などにも登壇していただいたりすることもあり、広く一般のエンジニアの方、他の企業の方にも参加いただけるものとなっています。

ー エンジニア向けのイベント検索サイトで、たまに会場がヒカリエのレバレジーズさまのオフィスになっているものとか見たことあるんですけど、それがいわゆる「ヒカラボ」だということでしょうか。

そうです。レバテックとしては、人材紹介とか転職だけでなく、エンジニアの学びや成長という段階からサポートできたらという考えのもと、こうした勉強会などのイベントの場を提供しています。

「ヒカラボ」の会場となる、レバテックのセミナースペース。普段は軽い打ち合わせや社員の作業スペースなどに利用されている

レバテック掲載企業に対するチェック体制について

ー レバテックさんで掲載している企業には、スタッフの方が直接訪問し、現場の声を聞いていると伺っています。
その際、実際にどういう質問をしたり、企業のどんな点をチェックしているのでしょうか?

例えば、私が企業担当に同行する際に必ず確認するようにしているのは、

  • 企業の将来性
  • どういう事業展開をしていきたいのかという展望
  • この会社に入ったエンジニアは、どういうキャリアパスを歩めるのか
  • 研修制度や図書費の補助など、技術研鑽へのサポートの有無
  • 残業時間などを含む、実際の稼働時間

これらのポイントは必ず聞くようにしています。

レバテック利用で、最短7−9日での内定例も

ー これまでの実績ベースでお伺いしたいのですが、レバテックを利用すれば、最短でどのくらいで内定が決まりますか?

既に離職中の方で、面接などに対応する時間を十分に割ける方であれば、1週間とか9日くらいで決まる方もいらっしゃいます。

ー 内定までの期間がそこまで短かったら、企業とのマッチングなどの面で少し不安があるように感じるのですが、実際どうなんでしょう?

そうですね、それはカウンセリング時にどれくらい話ができるかにかかってくると思います。

基本的には、カウンセリング時に希望条件など詳細にヒアリングした上で、その人にマッチングする企業をご紹介していますので、期間が短いから特別にマッチングの精度が落ちるということはないと思います。

実際に面接に行って話をしてみて、お互いに問題なく「あっ、いいね」となってご入社されるケースもありますし、会ってみてちょっと違うなとなれば、また別の企業をご紹介しますので。

SIerのSEがWeb系へ転職するために必要なスキル、マインドセット

ー SIer出身のSEで、Webサービス系の企業に行きたいって人は多いと思うのですが、その際に必要なスキル、マインドセットなどについて教えていただけますか?

まず何よりも「サービス志向」という考え方が備わっているか?というのがすごく大切です。

例えば自社サービスの企業であれば、そのサービスが何のために作られているのか?何を目的にしているのか?ということを考えられないとダメです。

サービスには、必ずそれを使っているユーザーがいて、そのユーザーの生活をより良くしたりとか、ユーザーが企業ならその企業の利益をもっと伸ばすとか、業務を効率化するとか、必ず目的があると思うんです。
そこをちゃんと理解できているかどうか、というのがとても大切だったりします。

ただちょっと開発が出来るだとか、自社開発のWeb系に行きたいとかだけだと動機としてはちょっと甘くて、実はそこって企業さんもすぐ気付いちゃうんですよね。

「ただwebに行きたいだけで、なんでも良さそうだな」とか思われてしまったりします。

そこで、実際自分がWeb業界にいって何をしたいのかを明確にしておくことが重要になります。

例えば、そのサービスの開発に関わることで誰の役に立ちたいのか?
サービスを良くして、もっと世の中をこうしていきたい、こういうインパクトを与えていきたいというビジョンがあるか?

まずは、そういったサービス志向を持つ必要があると思います。

ー まずはサービス志向。ユーザー目線とビジョンが必要、ということなんですね。

そうです。あと、スキルの部分で言えば、例えばphpとかRubyなどのWeb系で使われる言語を興味持って触ってる人だと好感が持てますね。

自分の趣味のレベルでいいので実際に触ってみて、さらに言えば成果物を公開してれば更にいいと思います。

ー Giuhubでソースを公開したり、技術ブログを書いてみたり。

そうですね。もし、そこまでできていなくても、「ドットインストールで今Ruby勉強してます!」くらいのレベル感でもいいので、
自分がSIerからwebに行くためにちゃんとWebの言語やってるよ、という課題意識や姿勢が見える人は「あ、いいな」と思います。

ー なるほど。ただ、Githubになにかアップしておけみたいな話はよく聞くんですが、いきなり「何か作って公開しろ」と言われてもなにから手をつけたらいいかわからない人って多いと思うんですよね。

そこで、これからWebへの転職のために何か作ってアピール材料にしようと考えている人にとって、
どんなものを、どのくらいのレベル感で作ればいいかという例みたいなのを教えていただけませんでしょうか?

そうですね、まずレベル感で言えば「今の実力で出来る限りの事」をもちろん目指していただきたいということはみなさんにお伝えしていますね。

いきなり完成品のアプリじゃなくても、本やWebなどで学習したコードなどの断片的なものでも構わないのでGithubに載せておいて、
ちゃんと自分がキャッチアップしたいという思いを持って、コードに起こしているというのが見えるようにするのが大事です。

何を作るべきかで迷って時間をかけてしまうくらいなら、まずはコードに起こしてみてください。
そこを企業は評価するんじゃないかなという風に考えています。

例をあげれば、簡単なブログでも作ってみるといいと思いますし、
成果物が残るという点で言えば、iOS、androidアプリとか作っている人は多いですね。

SIerでの経験で、Webに行く時にアピールできるもの

ー SIerでのSE経験のうち、Webへの転職の際にアピールできる経験・スキルにはどんなものがあるんでしょうか?

顧客折衝をしたりとか、エンジニアじゃない人と話した経験は、Webに行ってもすごく生きてくるんじゃないかと思っています。

Web系の自社サービスの会社なんかだと、基本的にチーム開発していることが多いと思うんです。
そのチームっていうのも、エンジニアだけのチームじゃなくて、例えばデザイナーがいたり、マーケッターがいたり、営業の方がいたりとかするので、
エンジニア以外の人と話ができる、というのは生きてくると思います。

なので、今までどういう顧客折衝をしてきたか、お客様とどういうコミュニケーションをしていたとかについては細かくヒアリングするようにしています。

あとはSIerの大規模システム、特に金融とか保険などは、ミスが絶対に許されない、非常にクリティカルなシステムが求められる思うんですけど、
そこで、どうやってミスやバグが出ないように管理していたかという話があったら掘り下げて聞くようにしていますね。

まとめると、

  • 顧客折衝の経験
  • 堅牢さ、重要さが高いシステムの経験
  • そういうシステムでの開発手法について
  • 品質担保のための確認・管理はどうやっていたか

などは細かくヒアリングして、アピール材料にしてもらえるようにしています。

ー 例えば開発手法の話でいうと、SIerってウォーターフォール型でWebサービスはアジャイルだから、全然違ってSIerでの経験なんかアピールにならない、なんていう話を聞いたことがあるのですが、、、

それはもったいない!ちゃんと言った方がいいと思います。

ー そうなんですね。開発手法や思想が違っても、部分部分で品質や効率化のために工夫してきたことや、身につけた管理手法なんかはアピールになると。

はい、そういった工夫に関しては、開発手法や思想が違ったとしても、どうのような会社でも必要になってくるものだと思いますので。

「自分はSEに向いてない」と感じて転職を考えている人に対して、

ー 私のサイトには、「SEに向いてない」と感じて転職を考えている人が結構多いんです。
例えば井上さんなら、そういった人たちに対して、どのようなアドバイスをされますか?

そうですね、まず、「なぜ、SEに向いていないと思ったのか?」ということを考えて欲しいです。

具体的には、何がきっかけで向いてないと思ったのか、SEのどの業務が嫌なのかというようなポイントです。

例えば一人常駐が嫌なのであれば、チームでの常駐ができるような会社ならいいんじゃないのかとか、
ずっと下流で作業ばかりが嫌なのであれば、自社サービスとかやってる企画側にいけたら面白いんじゃないですか、とかいう話はしますね。

開発が嫌なら、上流のキャリアを積めるような環境ならいいんじゃないですか、とか。

まずは、なぜ向いてないと感じたのか、何が嫌なのかを聞き、それがわかれば、少しでも嫌な部分が改善できるような提案ができるかと思います。

「客先常駐を辞めたい、常駐がない会社に行きたい」と考えているSEに、オススメの職種、転職先はどんなものが考えられますか?

ー また私のサイトの話で恐縮なんですが、「客先常駐が嫌だ」と転職を考えている人も多いんです。
井上さんなら、そういった人たちに対して、どのようなアドバイスをされますか?

それも先ほどの話と似ているのですが、まず、なぜ客先が嫌なのか?を聞くようにします。

例えば多いのは、ずっと客先で自分の会社名がわからない、帰属意識が感じられないといった悩みであるとか、会社からのフォロー制度が全くなかったり、いろいろな現場を転々とするのが嫌だとかいう話をよく聞きます。

そういった場合、会社によっては、先輩がフォロワーとしてちゃんと一人一人についてくれたりとか、月に一度帰社日があったりとかして、面談やフォローするような会社もあります。

もしくは、チームで10人くらいで客先に入ったり、あるいは1年以上とかの長期スパンで入れる現場ならどうですか?とか聞いていくと、それなら常駐のままでのいいかもしれない、となる人もいますし一口に客先が嫌と言っても、その原因を特定し、それに合わせたご提案をするのが重要になると思います。

それでも、どうしても客先常駐そのものが嫌だというなら、常駐がない自社サービスの会社とかを紹介するようにしますね。

レバテックはこんな人にオススメ!

ー それでは最後に、レバテックはどういう人にオススメですか?

どんな人でも!と言いたいところではありますが(笑)
これまでにご利用いただいている方でいうと、SIerからWebに行きたいという方はやっぱり多いですね。

エンジニアやクリエイターになりたいとか、キャリアアップしたいと考えている人には、ぜひどんな人でも使っていただきたいなと思っています。
特に、転職活動に不安がある人だとか、自分一人でやり方がわからない人だとかは、絶対エージェントに相談して欲しいですし、それがレバテックであれば嬉しいなと思います。

また年齢的な話でも、その人の志向性とか企業の方向性がマッチする部分があれば、年齢関係なく内定が決まったりするケースもあるので、本当に若手からベテランの方まで幅広くご利用いただければと思っています。

ー 一人での転職活動に不安がある人、キャリアアップしたい人、SIerからWebに行きたい人。
そして、それ以外のすべての人もウェルカム、ということで(笑)
それでは井上さん、本日はありがとうございました!

エンジニアとしてのこれからのこと、レバテックキャリアに相談してみませんか?

レバテックキャリア
IMG_0446
編集長
今回インタビューさせていただいたレバテックキャリアでは、現役エンジニアによるコードレビューなど、エンジニア専門エージェントならではの手厚いサポートを受けることができる。

「キャリアアップ・スキルアップしたいが、いざ転職となるとどうすればいいかわからない」
というエンジニアは、一度相談してみるといいだろう!

希望する条件から転職サイトを探す!

希望勤務地(必須)
雇用形態
職種
こだわり条件

ABOUTこの記事をかいた人

編集長:和田

大学を卒業後、大手SIerでSEとして働く。IT企業とは名ばかりのクリエイティビティのない現場、スキルのつかない仕事、徹夜やサビ残・偽装請負が常態化するあまりにもブラックな環境、ラッシュ時の東京メトロ豊洲駅のホームの狭さに耐えきれず転職。Webエンジニア、社内SEなどを経て、現在はフリーのWebディレクターとして独立。 →詳しいプロフィールはこちら