SIerとは現代の奴隷商。IT企業じゃなく人材派遣会社に過ぎない

スポンサーリンク

SIer(エスアイアー)とは

SIerとは、System Integrater(システム・インテグレーター)の略称で、「エスアイアー」と読みます。

Integraterとは、「統合する(integrate)」という意味の英単語に「〜する人」という意味の「〜er」をつけた言葉で、「システムを統合する者」くらいの意味です。

その名の通り、SIerはもともと、各ベンダーから購入した既製品のソフトウェアを個別の会社に合わせてカスタマイズしたり、
複数のソフトウェアを組み合わせて統合し、カスタムメイドのソフトウェアを作っていたことからこの名がついたようです。

現在では、既製品のカスタマイズのみならず、ゼロから新規にソフトウェアを企画・開発したり、
顧客の業務面からコンサルティングを行って、既存のシステムを改修したりなど、その業態も幅広く変化してきました。

SIerの仕事内容をざっくり言うと「オーダーメイドのシステム作り」

SIerの仕事内容は、平たく言えば「企業向けに、オーダーメイドの業務システムを作ること」です。

もちろん、企業によって微妙な違いこそあれど、基本的に日本国内でSIerと言えば、ほぼ100%がこの「BtoBの受託システム開発」をメインの事業とする企業のことと考えていいでしょう。

SIerは「名ばかりIT企業」に過ぎない

SIerは「業務システムを作る会社」ですから、一応はIT企業ということになっています。

実際、一般にIT企業と聞いてイメージされるような、開放的で自由闊達なクリエイティブな仕事をイメージしてSIerに入ってくる若者も後を絶ちません。

しかし、SIerは、そんなイメージとは程遠い、とてもIT企業と呼べるような業種ではありません。

SIerは、「ITゼネコン」と建築業界になぞらえて呼ばれるように、
ソフトウェア開発に必要な人間を抱え込み、プロジェクトごとに派遣する、人材派遣会社に過ぎません。

さらには、仕事を安い単価で下請けに投げ、その下にさらに孫請けをぶら下げて巨大なピラミッドを形成し、
中間マージンを抜きまくって、現場のSEたちを安い給料で酷使する現代の奴隷商とでも呼ぶべきどうしようもない連中なのです。

SIpyramid.001
元請を頂点に多重下請けのピラミッドを形成し、中間マージンを抜きまくるSIerの図。

自由で華やかなITのイメージとは似ても似つかないSIer

SIerは、一般にIT企業と聞いて想像するようなクリエイティブで開放的な自由闊達とした世界ではありません。

クリエイティブどころか、不具合が出ないようにと徹底的に新しい技術への挑戦を排除し、できる限り既存の古いシステムをごまかしごまかし使い続ける「超保守的」な業界です。

「勉強するのも面倒だし、今更新しい技術なんて使いたくねぇよ!」
「いろんなブラウザに対応させるのなんてやってられるか!客にはIE以外使うなって言っとけ!」
なんて、ITエンジニアにあるまじき暴言を吐くSEも、SIerで実際に見たことがあります。

その上SIerは、IT知識やプログラミング経験なんかまったくない老人が管理職の大半を占め
ITの本分である業務の効率化やシステム化を進めるどころか、

「仕事は足で稼いでこい!」
「マクロなんか組んでる暇があったら客のとこに行け!」
「資料は全部、紙に印刷しとけよ!」

なんて、いつまでも昭和な連中が幅を利かせている、イノベーションとは対極にある企業すら珍しくありません。

こんな調子ですから、その仕事っぷりも結局、取ってきた案件を下請けに投げ、中間マージンを抜くだけの中間搾取業者でしかありません。
その下請けの扱いも実に劣悪なもので、少しでもコストを下げてマージンを多く抜こうと、受注者と発注者の力関係を振りかざし、無茶な要求を押し付けます。

SIerとは、下請けいじめ、偽装請負、多重派遣が横行する、労働基準法無視の劣悪な現代の奴隷商なのです。

SIerで働こうと考えている学生へ

ITが好き、プログラミングが得意、自分でアプリやwebサービスを開発したい!という野心のある学生の方は、間違っても絶対にSIerと関わってはいけません。

ITが好きな人は、SIerで働いては絶対にダメです。

IT・プログラミングが好きであればあるほど、SIerで働くのは辛い経験になるでしょう。

SIerのSEがやることは、Excelで書類を作り続けることだけです。
SIerに入って、ITやプログラミングに関われる人間は1%もいないと思ってください。

あなたの大好きな、Java,Ruby,rails,HTML/CSS/Javascript, Python,Scala,Haskell,etc..

これらを仕事で扱うことはまずありません。

信じられないかもしれませんが、SIerにはコードを書けるSEはほとんどいません。

SIerがメインで扱う業務システムで多く使われているJavaですら、実際にコーディングする機会はほぼないでしょう。

もし、望み通りSIerの孫請けあたりで働き、プログラミングができるポジションになったとしても、その時はほぼ間違いなくとんでもなくブラックな労働環境で、低賃金で酷使されていることでしょう。

(ついでに言うと、現場のJavaのバージョンは5とか6です。SIerのSEはラムダ式もStreamAPIも知りません。当然Gitも誰も使ったことはありません。)

ちなみに、私がSIerでSEとして最初に担当した仕事は「テスト結果のスクショをとって紙に印刷すること」です。この世でペーパーレスと最も遠い仕事は金融系のSEです。

ITが好きなら、web系のベンチャー企業に入ってください。

何も知らずにSIerに入ってしまったSEの方へ

かつての私のように、SIerが「IT企業」だと思って入社してしまったSEの方は、
今からでも遅くないので、Web系企業かITコンサルへの転職を考えてください。

「仕事がわかるようになるまで、とりあえず3年は黙って働け!」

みたいな言葉を真に受けて、エンジニアとして最も成長できる若い貴重な期間を無駄にしてしまうと、
あなたのキャリアに深刻なダメージを与えかねません。

SIerでは、いろんな仕打ちに耐えて言われた通りに数年耐えても、その先に得られるものはありません。
もっと言えば、たとえ何年勤め上げたところで、ITエンジニアらしい仕事ができる可能性は1%にも満たないでしょう。

どれだけ我慢して頑張り続けても、SIerにいる限りは、あなたはただのExcelで方眼紙を作り続けるマシーン以上の存在にはなれません。

そして、やがて来るSIバブル崩壊に伴ってSIerが滅びた時、Excelを作り続けるマシーンと化したSEを雇ってくれる企業はありません。

SIerから脱出したいSEにおすすめの転職先3選

激務のSIerで働くことに限界を感じている
SIer自体の将来性、SEという仕事の将来性が見えない
仕事と待遇・給料が見合わない、割に合わない

私のSIer時代の知り合いのSEに話を聞くと、こんな風に話す人が多いように感じます。

実際にSIerのSEを辞め、他業種に転職するSEも多く見てきましたが、
そういったSIer出身者の転職先のうち、

SE時代のスキル・経験がある程度活かせる
給与や待遇が良くなる
自由でクリエイティブな働き方ができる
長時間労働から解放され、休日や余暇時間が増える

などのいずれかの条件に当てはまり、SEの転職先としておすすめできるのは以下の3つです。

Webエンジニア

服装、髪型自由、フルフレックス勤務
Ruby on Rails,PHP/Javascript,Pythonなどの開発言語
VR/AR、AI・機械学習などの最新技術

これらに興味がある、魅力を感じる人にはWebエンジニアが向いているかもしれません。

まだまだ若いWebの業界では全体的に自由な雰囲気の会社が多く、
フレックス勤務や服装・髪型自由など、個人のキャラや働き方に寛容な空気が見られます。

またWebでは、SIerにありがちな「上流SEが設計、下流PGが制作・テスト」といった、
厳密な分業体制がない会社が多く、
サービスの企画・設計から、実際に作って動かすところまで、一貫して全ての工程に関われます。

もともと、「モノづくり」をしたくてエンジニアになった、ITの世界に入ったという人は、
こうしたwebのやり方のほうが、モノづくりのやりがいや楽しさを感じられる場面が圧倒的に多くなるでしょう。

ただし、Web業界であっても、受託開発がメインの会社になると、
結局は多重請け負いが発生したりと、SIerと似たような状況に陥ってしまう可能性があります。

それを避けるためには、受託開発ではなく、自社で自前のサービスを運営している会社に入ることが重要です。

例を挙げれば、自社ECサイトを運営しているAmazonや、
SNSのtwitter、facebook、
ブログサービスのサイバーエージェント、
ソシャゲ会社のGREE、DeNAなどが代表的です。

これらの企業ほど規模が大きくなくてもいいので、「サービスを自社で開発しているかどうか」が重要です。
webへの転職の際は「webサービスを自社開発している企業」を選ぶようにしましょう。

webエンジニアの転職先を探すには、ITエンジニア専門の転職エージェント「レバテックキャリア」がオススメです。

社内SE

長時間労働から解放され、休日や余暇時間が増える
IT業界から脱出したい。他の業界で働きたい。
仕事も私生活も大事。ワークライフバランスは譲れない

といった要素に魅力を感じる人は、社内SEを目指すといいでしょう。

社内SEとは、「IT企業じゃない会社の、社内システム担当」のことです。

例えば、自動車メーカーや製薬会社、金融機関などの、「ITが本業じゃない(商品・サービスとしてITやシステムを売っているわけではない)会社」で、
社内システムや情報システム担当などの、社内向けのIT部員をイメージしてもらえばいいと思います。

社内SEであれば、それまでのSEとしての知識・経験を生かしたまま、他の業界に転職できますから、
経験のない職種で、未経験の業界に飛び込むよりもはるかに安全です。

しかも、とにかくブラック体質のIT・SIer業界からは完全に脱出し出来ますから、
それまでに比べて、残業が減ったり、休みが増えたりするケースが多いようです。

社内SEへの転職に興味がわいた人は、
あらゆる業界の求人を豊富に持っている「type転職エージェント」を使って転職先を探すのがいいでしょう。

ITコンサルタント

激務なのはいいけど、それに見合った報酬を出して欲しい
若いうちにバリバリ働いて、スキルアップ・キャリアアップしたい
SEのクソみたいな作業じゃなく、武器となるスキルを身につけたい

こんな思いをお持ちのキャリアアップ志向の方は、ITコンサルタントになってみるといいでしょう。

正直、ITコンサルの仕事はSIerのSE以上に大変で、激務になることは間違いありません。

しかし、SIerで無駄なExcel方眼紙を作り続けたり、延々と一日中、テスト結果画面のスクショを取り続けるような、
なんの意味もない作業に従事させられ続けることを考えたら、
どうせ大変なら、給料やキャリアといった面で見返りのあるコンサルタントになった方がマシと言えるでしょう。

コンサルタントの仕事は厳しく大変な分、身につくスキルや転職市場での評価は高まりますから、
若いうちにスキルを磨き、市場価値をつけておいて、ゆくゆくは独立・起業したり、
どこかのベンチャーにCTO/CIOとして参加したりするなど、いろいろなキャリアの選択肢が考えられます。

ITコンサルタントの仕事に興味があるのなら、
コンサル業界での転職に強い「アクシスコンサルティング」で求人を探してみるといいでしょう。

SIerは辞めたいが、何に転職すればいいかわからないなら「転職診断」を使ってみよう

SIerは辞めたいけど、どうすればいいかわからない
自分にどんな転職先が向いているかわからない

という人は、下のリンクから「転職診断」ツールを使ってみてください。

簡単な質問に幾つかお答えいただくだけで、あなたにあった転職先を診断してご紹介します。
診断にかかる時間は、たったの30秒!

手遅れになる前に、SIerから逃げ出そう!

あなたが本当にITエンジニアとしてのイメージ通りの働き方を実現するためには、
SIerと、SIerが形成するSIピラミッドから逃げ出して、一切関わらないようにするのが一番です。

その上で、エンジニアがエンジニアらしい環境で働けるように、できればエンジニア出身の経営陣(CTO,CIO)がいるとか、
経営層がエンジニアの働き方に理解のある会社を探すのが重要です。

そういったエンジニア-フレンドリーな企業を見つけるには、知人の紹介などで実際に働く人間に話を聞くか、
IT業界専門の転職エージェントを利用すると確実です。

エンジニアが転職エージェントを利用する際に重要なのは、IT業界や技術に詳しい、専門的な話の通じるエージェントを選ぶことです。

SEを辞めたいと思っているエンジニアは、まずはレバテックキャリアに相談してみることをお勧めします。

中途採用の転職は早い者勝ちです。
採用予定人数に達するとすぐに募集が締め切られてしまうため、いい条件の求人は一瞬で定員となり、募集が終了してしまうケースが非常に多いです。
なので、たとえ今すぐに転職するつもりがなくても、転職サイトへの登録は済ませておき、いい求人が出たらすぐに対応できるように日頃から情報収集しておくのが大切です。

ABOUTこの記事をかいた人

編集長:和田

大学を卒業後、大手SIerでSEとして働く。IT企業とは名ばかりのクリエイティビティのない現場、スキルのつかない仕事、徹夜やサビ残・偽装請負が常態化するあまりにもブラックな環境、ラッシュ時の東京メトロ豊洲駅のホームの狭さに耐えきれず転職。Webエンジニア、社内SEなどを経て、現在はフリーのWebディレクターとして独立。 →詳しいプロフィールはこちら

「仕事辞めたい!けど転職は怖いし迷う…!」
「俺、転職できる?辞めても大丈夫かな?」
「ぶっちゃけ、転職したら年収上がるの?」

…などなど、SEにありがちな悩みに、
私、編集長の和田がお答えしよう!

現状をなんとかしたいが、何をすべきか分からず、
行動に移せないでいる人は、ぜひ参考にしてくれ!

「自分にどんな仕事が向いているかわからない」
「年収アップが狙えるのってどんな仕事?」
「もっとホワイトな職種ってないの?」

といったお悩みを抱えているあなたに
ピッタリなのが、この「転職診断」だ!

30秒程度の簡単な質問に答えるだけで、
あなたに合う職種を診断して紹介するぞ。

さぁ、下のボタンをクリックして、
早速、診断をスタートしてみてくれ!

カンタン30秒!転職診断をはじめる

希望条件から転職サイトを探してみる

希望勤務地(必須)
雇用形態
職種
こだわり条件