SEに将来性は無い。あると思い込んでるだけだ。

スポンサーリンク
se-future-comment
編集長
SEの将来性は、身につけたスキルと経験次第!
いつまでもExcel職人を続けていたのでは、生き残ることはできないでしょう。
旧態依然とした「人売り」SIerから脱出し、武器となるスキルが身につく業界・現場に転職することが大切です。
生き残るのは、強い者ではなく、変化に対応できる者なのですから…。

本当に、SEに将来性があると思っているんですか?

今、IT業界ではどこの会社もエンジニアが足りていません。
そして、その状況は今後もしばらく続くでしょう。

世界には、IoT(Internet of Things、モノのインターネット)の波が押し寄せ、あらゆるものがインターネットに繋がろうとしています。
今後、これまで以上のペースで、ITとそれを支えるITエンジニアたちの重要性は高まる一方です。

そのため、一般的にはSE(システムエンジニア)の仕事は「将来性のある仕事」であると考えられています。

しかし、この「SEには将来性がある」というのは一方では正しく、一方では間違っています。

将来性があるSEとお先真っ暗なSEに二極化する

f59ba05c3b05e5ec545d87f9db6c6b0c_m

ITの爆発的な普及と、それに伴うエンジニアへの需要の増大の恩恵は、すべてのエンジニアに平等にもたらされることはありません。

需要が増え、あらゆる企業から引く手あまたとなるのは、スキルのある上位何パーセントかの限られたエンジニアだけです。

ITの素養やスキルがない、下請けの管理やExcel方眼紙などの作業ばかりしているようなSEは、いずれ機械に取って代わられるでしょう。

ですので、SEという仕事自体に将来性があるかどうかということを考えるのは、あまり本質的ではありません。
問題は、どうやって将来性が約束された、上位何パーセントかのエンジニアになるかということなのです。

SEの将来性は、日々の仕事を通じて、いかに将来性のあるスキル・経験を身につけられるかということこそが重要となるのです。

将来性があるのは○○ができるSEだけ

entrepreneur-593371_1280

さて、SEの皆さん、突然ですが「日々、仕事を通して成長してる」と言い切れますか?

「全くそんなことない。食うために仕方なくやってるだけだ」

とお答えになったあなた(たぶん、大多数のSEの方がそんな感じだと思いますが)。
過労死するまえに、さっさと辞めてどこぞの社内SEにでも転職しましょう。

Excel方眼紙でドキュメントばかり作っているSEに将来性はない

41f53a71fe37abb3790099aaef6dd159_m

ところで、最後にコードを書いたのはいつだったか、覚えていますか?
テストコードじゃなくて、プロダクトそのもののコードです。

もしくは、プロダクトの企画をしたり、サービスの立案に関わった経験をしたのがいつだったか、思い出せますか?

もし、こういった仕事から長らく遠ざかっていたり、そもそもそんな経験が全くないなら要注意です。

今後将来性のあるSEは、コードが書けたり、アーキテクチャの設計ができるなどのITの技術的な素養があり、
プロダクトやサービスを生み出すことのできるSEに限られます。

プレイヤー・マネージャーのいずれの立場であっても、ITを使って価値のあるモノを生み出すことができる人材のみが生き残るのです。

もしあなたが、ひたすらテスト証跡の画面キャプチャを撮り続けていたり、
Excel方眼紙で妙なドキュメントを作ってばかりいる「雑用SE」でしかないのなら、
おそらく、あなたの仕事に将来性はありません。

SIerでSEやっててもスキルはつかない=将来性が無い!

cf7f57acd2a35ea192c87ef22605ddf9_m

あなたが若手のSEなら、上司や先輩たちから

「仕事の意味がわかるようになるのは時間がかかるから、とりあえず3年はとにかく言われたとおりにしろ」

なんて言われているかもしれません。

でも、SEの主な仕事である、各種ドキュメント作成や下請けの管理などの仕事は、
いくらやってもあなたのエンジニアとしての価値にはほとんど結びつきません。

ですから、先輩や上司がなんと言おうとも、転職市場では評価されることもありません。

アプリやサービスの企画を作り、実際に試作品を自分で実装したり、
客の業務改善のレベルからコンサルティングを行い、システムに落とし込んだような経験
が無いと、今時の転職市場では、なかなか評価されないのです。
(客の言いなりになって要件を膨らませ何でもかんでも実装する、SIerお得意の「業務電子化」とは違います)

Excel職人やスクショ職人を続けていると、いつまでたっても無意味な単純作業地獄から抜け出せないばかりか、
SIビジネスの縮小に伴いリストラされてしまった時、転職市場で「価値ゼロ」と
評価され、再就職もままならない…
なんて憂き目に合ってしまいます。

SEの将来は、身につけられるスキル次第

ddd3dad613828f087d6aaaa8edf03129_m

日進月歩のIT業界においてSEが生き残っていくためには、武器となるスキルを身につけ、専門性を深めていく必要があります。

どんどん出てくる新しい技術にキャッチアップして、エンジニアとしてのスキルを追求していったり、
高いレベルで技術の話ができ、経営戦略にITを上手く活かせるようなコンサルタントになるなど、
専門的なスキルを身につけることが、市場価値につながるのです。

現代では、ITが必要ないという会社はありえませんから、
専門性を身につけ、深めていくことさえできれば、転職市場での需要はいくらでもあります。

ですから、いつまでもスキルのつかない「単純作業員」としてのSEを続けるのではなく、
エンジニアやコンサルタントなどの、何かしらのスキルや経験を積める仕事に早いうちに転職しなければ、
漫然とSEを続けていても将来は無い、といっても過言ではありません。

SEに将来性が無いなら、生き残るためにはどうすればいいのか!?

0a4c9820dffaec1af314816692bc4f17_m

では、ただの単純作業員としてのSE現場から抜け出し、将来性のある、市場価値の高いエンジニアになるためには、
転職して、より高度なスキルを身に付けられる現場で経験を積む必要があります。

転職、というとリスクがあるように感じたり、
面倒だとか、自分にはムリなんじゃないかとか思ってしまうかもしれません。

もしかしたら、職場の先輩や上司から、

「ここから逃げるような奴はどこに行っても通用しない」とか、
「転職して今より良い条件で雇ってくれるとこなんて無い」

なんて風に聞かされている人もいるかも知れませんが、
決してそんなことはありません。

むしろ、年収を上げたかったり、残業を減らしたりしてもっとマシな環境で働きたいと思ったら、
待遇のいい会社に転職してしまうのが、最も手っ取り早く現実的です。

ご存じのとおり、いまIT業界ではSEの数は圧倒的に不足しており、
高い給料を支払ってでも、新しくエンジニアを雇いたいという会社はいくらでも有ります。

そして、他社との「エンジニア獲得競争」に勝つためには給料だけではもはや不十分で、
エンジニアがより快適な環境で働けるように、ワークライフバランスを改善したり、
ユニークな福利厚生を取り入れたりといった工夫をして、
とにかく多くのエンジニアを取り込もうとしている企業はたくさんあります。

ですので、転職することでより快適な労働環境を手に入れ、
かつ市場価値の高い専門的な現場で働くチャンスはいくらでもある
のです。

将来性をアップできるSE現場を探す方法

23e84a79cf02784fc215719b4b1b6577_m

SEの将来は、価値の高いスキルや経験をどれだけ身に付けられるかにかかっています。

そして、そういった「価値の高いスキルや経験」を身につけるためには、
自習してコードを書いたり、エンジニア同士の勉強会に参加したりといろいろな方法はありますが、
業務後の時間に自力で出来ることには限界があるでしょう。

ですから、日々の仕事を通じて、武器となるスキル・経験を身につけるのが非常に重要です。

ただ、そういった経験が出来る企業やポジションを探すのはけっこう大変です。

いざ良さそうな求人を見つけ、運良く入社できたとしても、
実際にその会社でどんなプロジェクトにアサインされるのか、
どんな業務を担当するのか、という実際のところは、なかなか情報を得るのが困難です。

「実際に、その会社のエンジニアはどのような働き方をしているのか」

という実情は、直接そこで働いている人や転職エージェントに聞いたり、転職口コミサイトを見たりして、
できる限り現場に近い人間からのナマ情報を収集する必要があります。

ただ、口コミサイトの情報は数こそ多いものの、信ぴょう性がどこまで保証されているかはわかりません。

それに、転職したい企業に都合よく知り合いがいるとも限りませんので、確実かつアクセスしやすい情報となると、IT業界に詳しく専門的な話が通じるエージェントを利用して求人を探すのが確実です。

IT・Web業界専門の転職エージェントであるレバテックキャリアなら、エンジニア出身のアドバイザーが在籍しているなどして、業界や技術のことに詳しく話が早いのでオススメです。

中途採用の求人は早い者勝ちです。募集期間が残っていても、採用予定人数に達するとすぐに募集が締め切られてしまいます。
いい条件の求人は特に締め切られるのが早く、掲載から数日以内に終了してしまうケースも少なくありません。
たとえ今すぐに転職するつもりがなくても、普段から転職サイトはマメにチェックしておき、いい求人が出たらすぐに対応できるようにしておくのが転職を成功させるコツです。

ABOUTこの記事をかいた人

編集長:和田

大学を卒業後、大手SIerでSEとして働く。IT企業とは名ばかりのクリエイティビティのない現場、スキルのつかない仕事、徹夜やサビ残・偽装請負が常態化するあまりにもブラックな環境、ラッシュ時の東京メトロ豊洲駅のホームの狭さに耐えきれず転職。Webエンジニア、社内SEなどを経て、現在はフリーのWebディレクターとして独立。 →詳しいプロフィールはこちら

「仕事辞めたい!けど転職は怖いし迷う…!」
「俺、転職できる?辞めても大丈夫かな?」
「ぶっちゃけ、転職したら年収上がるの?」

…などなど、SEにありがちな悩みに、
私、編集長の和田がお答えしよう!

現状をなんとかしたいが、何をすべきか分からず、
行動に移せないでいる人は、ぜひ参考にしてくれ!

「自分にどんな仕事が向いているかわからない」
「年収アップが狙えるのってどんな仕事?」
「もっとホワイトな職種ってないの?」

といったお悩みを抱えているあなたに
ピッタリなのが、この「転職診断」だ!

30秒程度の簡単な質問に答えるだけで、
あなたに合う職種を診断して紹介するぞ。

さぁ、下のボタンをクリックして、
早速、診断をスタートしてみてくれ!

カンタン30秒!転職診断をはじめる

希望条件から転職サイトを探してみる

希望勤務地(必須)
雇用形態
職種
こだわり条件