SEが生き残るために考えておくべきキャリアパスの話

スポンサーリンク

多様化するエンジニアのキャリアパス

これまでのSEのキャリアパスは「PG→SE→PM」というように、PGやSEといった「プレイヤー職」から、プロジェクトマネージャーやコンサルタントなどの「マネジメント職」になっていくのが一般的でした。

そのため、「なんとなくPGはSEより下」とみなされ、プレイヤーよりマネジメント職の方が立場も待遇も上、という風潮がありました。

しかし、今ではプレイヤーとマネジメントのどちらが上、といった風潮は薄れ始めています。

専門性を高め、スペシャリストとしてプレイヤーを続けるのも一般的に

近年では、年次が上がって昇進したからと言って、必ずしもマネージャーになるばかりでなく、
高度な知識・スキルを身に付けた、ITアーキテクト、スペシャリストSEとして、プレイヤーのままキャリアを積むことも一般的になり、これまで以上に多様なキャリアパスの可能性が広がっています。

どの職種を目指すにしろ、まずPGやSEとして現場に入りファーストキャリアがスタートするのは変わりないかも知れません。
しかし、プレイヤーとして技術を突き詰めるのか、コンサルタントやマネジメント方面に行くのか、最終的に自分がどうなりたいのかによって、後々必要とされるスキルや経験にはそれぞれ異なってきます。

そのため、長い目で見た時に自分にあったキャリアパスを歩めるように、計画的に適切なスキルや経験を身に付けていくのが重要です。
自分の志向や適性、目指す働き方まで考えた上で、自分が目指したいのは何なのか、ゴールから逆算してキャリアを構築していきましょう。

SEのキャリアパスは、PMになるだけがゴールじゃない!

以下に、代表的なキャリアパスの目標となる職種についてまとめてみました。
自分の志向や適性に照らして、どの方向を目指してキャリアを組み立てるのか考えてみましょう。

PM(プロジェクトマネージャー)

workplace-1245776_1280

ご存知PM(プロジェクトマネージャー)は、その名の通りシステム開発の納期、品質、コストなどプロジェクトのすべての要素を監督し、
内外のメンバーをまとめ上げながら、プロジェクトを成功に導く役割が求められます。

このPMの能力次第で、プロジェクトが成功し利益をもたらせるか、赤字を垂れ流しながら大炎上するか明暗が分かれます。

システム開発手法の知識・経験はもちろんのこと、過酷なシステム開発の現場でメンバーの士気を鼓舞し、
チームをまとめ上げるリーダシップや人間性、人柄などのヒューマンスキルを備えている人物であることが非常に重要です。

やること

・プロジェクト全体の指揮管理・進行
・メンバーの選定、要件定義、品質、コスト管理、顧客との折衝

必要とされるスキル・経験

・開発、設計
・管理能力
・PMBOKなどの国際標準フレームワーク

向いている人

・マネジメントをしたい、コードを書きたくない、ドキュメントばかり作るのが苦じゃない

ITコンサルタント

colleagues-437023_1280

ITコンサルは、システムを作ることそのものを目的とするのではなく、
あくまで顧客の抱える経営課題を解決するためのソリューションを提供するのが仕事で、
その問題解決のツールとしてのIT活用をサポートするというスタンスです。

システムの素人である客が色々な無茶振りや理不尽な要求をしてくるのにめげず、
あれこれ言われたことをうまく整理し、ニーズを汲み取った上で、本当に顧客にとって必要なソリューションを提供することが求められます。

必要なら、IT化だけでなく、そもそもの顧客の業務の非効率な点から改善するよう求めたり、
客に要求されたことでも、顧客の利益にならないと判断したらキッパリ断り、再考を促すなどすることもあります。

顧客の利益のためなら、相手が客であっても遠慮せずやりあう芯の強さが必要です。

また、単に正面から相手を論破して言うことを聞かせるのではなく、
相手の納得感を引き出した上で、物事が最善の方向に運ぶようにうまく誘導したり、
場合によっては根回しをしておくなどの柔軟性も不可欠です。

何より、顧客に信頼してもらい、「あなたが言うならそうしようじゃないか」
という一言を引き出すような人間的魅力を持つことも大きな武器になります。

やること

・顧客の経営課題を、ITのみならず経営的・戦略的な視点から解決するよう提案!

必要とされるスキル・経験

・システム等における課題を把握する能力
・特定の業界・業務知識
・ERP・SCMなどの特定のパッケージ・プロダクトの知識

向いている人

・技術だけでなく、ビジネス的な観点から問題解決の提案が出来る人

ITアーキテクト

working-1219889_1280

ITアーキテクトは、システム全体の設計・デザインを担当し、顧客の要件や技術的、予算的な様々な制約を考慮した上で、
できるだけ理想的で最適なシステムの設計を行う仕事です。

描いた通りのシステムを実現可能な形に落とし込み、実際に使用可能なアプリケーションへと具現化する役割を担っています。

やること

・ユーザの要求やビジネス上の課題、システム化の成約などを考慮して、利用するアプリケーションサーバや処理方式などの策定を行い、具体的にどのような技術を使ってシステムを構築するかデザインする。

必要とされるスキル・経験

・アプリケーション、データベース、ネットワーク、セキュリティ、システムマネジメントの幅広い経験と知識
・アーキテクチャ設計の経験、フレームワーク要素技術

向いている人

・制約条件を考慮し、要件を具体的なシステムに落とし込める人
・システム全体を俯瞰し全体最適を実現できる人

スペシャリストSE

computer-1185567_1280

ネットワークエンジニア、セキュリティエンジニアなど、特定の技術分野、製品についての非常に高いレベルでの知識、経験を持つエンジニアです。

やること

・特定の技術のスペシャリストとして、システムやアプリケーションの開発にあたる

必要とされるスキル・経験

・特定の技術や、業務について特化した高い専門性

向いている人

・職人肌でとことん技術を突き詰めていくタイプの人
・自分で新しい技術や言語を学習し続けられる人

社内SE

colleagues-437018_1280

自社内の情報システム担当として、社内向けのITに関わる仕事を担当します。
所属する企業によって担当する業務には大きな差があり、社内ネットワークの構築、管理などを担当したり、単にヘルプデスク的なサポート窓口だけだったり、多岐にわたります。

やること

・自社のIT全般の企画・構築・保守から、外部ベンダーとの折衝などの社内システム担当
・ユーザー部門の窓口、ヘルプデスク業務などの問い合わせ窓口的な業務
・社内ネットワーク環境の構築やIT機器の導入・管理
・ITリテラシー教育やセキュリティ、コンプライアンス教育
・Webサイト製作、Webマーケティング
この他にも、ITに関わることは何でも担当することになっている会社も多く、会社の規模と風土によって仕事内容は多岐にわたる。

必要とされるスキル・経験

・ITの幅広い分野に対する知識
・自分で調べたり学習するスキル

向いている人

・折衝経験や調整・取りまとめのスキルがある人
・ゼネラリスト志向の人

Webエンジニア

laptop-943559_1280

ネットワークを介して動作するwebアプリケーションを開発するエンジニア。

担当するシステムの範囲によって、フロントエンド・エンジニアとかサーバーサイドエンジニアなど幾つか呼称があるが、それほど明確な区分は定まっていません。

業界の雰囲気的にも、webエンジニアは企画段階からコーディング、運用まで、システム開発の全工程に関わることが一般的で、
SIerのように上流と下流で分業体制がとられていないことが多いです。

やること

・Webサイト、Webアプリケーションの設計・開発

必要とされるスキル・経験

・ITの幅広い分野に対する知識
・コーディングスキル
・自分で常に新しい技術にキャッチアップする姿勢

向いている人

・新しもの好きで、常に変化の激しい環境に身をおきたい人

どのキャリアパスを目指すにしろ、普段からチャンスに備えるべし!

business-437020_1280

変化の激しいIT業界において、キャリアパスは決して固定的なものではありません

その時代ごとに、必要とされる技術やスキルは激しく変化します。
いま、必要とされるモノが何なのか、それを身に着けるためにはどんな現場で経験を積むべきなのかということを、常にアンテナを張って情報を集めておく必要があります。

具体的な情報収集のやり方としては、普段から各種メディアの主要なITトピックに目を通すだけでなく、エンジニアの勉強会に参加したり、エンジニア専門のエージェントに定期的にキャリア相談を受けておくのが良いでしょう。

「転職は悪」だとか、「30歳までに転職は◯回まで」みたいな、古い時代の基準は、もはや通用しません。

転職そのものに、善悪はありません。
「何のために職を変えるのか」ということだけが、唯一にして絶対的な評価基準となります。

転職は、必要なときに必要なだけ。
チャンスが来た時に即応できるよう、普段から備えを怠らないことが、エンジニアとして生き残っていく上で重要となります。

キャリアパスの計画は、プロのレビューを受けるべし

エンジニアのキャリアは、エンジニア専門エージェントに聞こう

entrepreneur-593361_1280

これからの時代を生き残るためには、計画的にキャリアパスを組み立てることが重要です。
しかし、いきなりキャリアパスを考えろと言われても難しいと思います。

特に、自分がどの職種に適性があるのか、何が向いているのかを判断するには第三者の目からレビューを受ける必要があります。

そのため、キャリアパスを考え始めた方や、これまで全く考えたことがない方は、まずエンジニア専門のキャリアカウンセラーに相談しておくべきです。

「レバテックキャリア」などのエンジニア専門の転職サイトを利用すれば、無料でキャリアカウンセラーに相談することが出来ます。

キャリアカウンセラーに相談したからといって、すぐに転職しないといけないわけではありません。
また、無理に勧誘を受けることもありませんから、キャリア診断や市場価値のチェックくらいのつもりで、一度話をしておくと良いですよ。

レバテックキャリア
IMG_0446

レバテックキャリアは、エンジニア専門の転職エージェントとして、多くのエンジニアの転職をサポートした経験から、
いま第一線で活躍しているエンジニアたちが、どのような戦略をもってキャリアパスを組み立てているか知り尽くしています。

「pythonが使えるなら、データエンジニアとして専門性を深めていきましょう!」
「大規模システム構築の経験を生かして、コンサルティングファームを目指してみませんか?」
「この分野の業界知識があるなら、いずれCTO/CIOになるのを目標に、ユーザー企業のIT部門に行ってみませんか?」

というように、エンジニアとしての価値を最大化するための具体的なキャリアパスの提案を受けることが出来るでしょう。

コンサル志望のSEは、コンサル専門のエージェントを利用してみよう

もしあなたが、いずれコンサルタントを目指したいのであれば、一般エージェントやエンジニア向けのエージェントではなく、コンサルティング業界に特化したエージェントを利用するようにしてください。

コンサル専門エージェントでおすすめなのは、アクシスコンサルティングというエージェントです。

コンサル業界の転職を専門に扱っており、多くのSEのコンサルファーム移籍を支援してきた実績豊富なエージェントなので、コンサルならではの選考対策や業界・会社情報など転職成功率を高めるためのサポートが期待できます。

すぐには転職を考えていなくても、まずはキャリア診断から相談に乗ってくれるので、いずれコンサル業界に行きたいSEは、一度は話をしてみるといいでしょう。

中途採用の転職は早い者勝ちです。
採用予定人数に達するとすぐに募集が締め切られてしまうため、いい条件の求人は一瞬で定員となり、募集が終了してしまうケースが非常に多いです。
なので、たとえ今すぐに転職するつもりがなくても、転職サイトへの登録は済ませておき、いい求人が出たらすぐに対応できるように日頃から情報収集しておくのが大切です。

ABOUTこの記事をかいた人

編集長:和田

大学を卒業後、大手SIerでSEとして働く。IT企業とは名ばかりのクリエイティビティのない現場、スキルのつかない仕事、徹夜やサビ残・偽装請負が常態化するあまりにもブラックな環境、ラッシュ時の東京メトロ豊洲駅のホームの狭さに耐えきれず転職。Webエンジニア、社内SEなどを経て、現在はフリーのWebディレクターとして独立。 →詳しいプロフィールはこちら

「仕事辞めたい!けど転職は怖いし迷う…!」
「俺、転職できる?辞めても大丈夫かな?」
「ぶっちゃけ、転職したら年収上がるの?」

…などなど、SEにありがちな悩みに、
私、編集長の和田がお答えしよう!

現状をなんとかしたいが、何をすべきか分からず、
行動に移せないでいる人は、ぜひ参考にしてくれ!

「自分にどんな仕事が向いているかわからない」
「年収アップが狙えるのってどんな仕事?」
「もっとホワイトな職種ってないの?」

といったお悩みを抱えているあなたに
ピッタリなのが、この「転職診断」だ!

30秒程度の簡単な質問に答えるだけで、
あなたに合う職種を診断して紹介するぞ。

さぁ、下のボタンをクリックして、
早速、診断をスタートしてみてくれ!

カンタン30秒!転職診断をはじめる

希望条件から転職サイトを探してみる

希望勤務地(必須)
雇用形態
職種
こだわり条件