インフラエンジニアのキャリアパスを考える

スポンサーリンク

本記事は、インフラエンジニアがキャリアアップを目指すにあたってどういう道(キャリアパス)があるのかということを紹介するものです。

記事の対象者はキャリアアップを積極的に目指しているインフラエンジニアです。

インフラエンジニアのキャリアパスには「管理職」であるマネジメントへの道、
高い技術を持つ「スペシャリスト」への道、
そして企業にインフラ設計からITを活用した経営戦略まで幅広くアドバイスを行う「ITコンサルタント」への道の、大きく分けて3つがあります。

インフラエンジニアの主なキャリアパスは3つ

「このままインフラエンジニアを続けていて良いのだろうか」
「もっと高いレベルの仕事をしたい」

などといった将来に対しての不安や希望を持つエンジニアの方も多いでしょう。

かくいう筆者も、インフラエンジニアから社内SE、リーダー的なマネジメントの仕事にシフトしていくことが出来ていますが、なかなか明確なキャリアパスを描くことの大変さを感じています。

一般的にインフラエンジニアのキャリアパスとして挙げられるのは以下の3つです。

1. 管理職などのマネジメント
2. 技術専門職であるスペシャリスト
3. ITコンサルタント

情報処理推進機構(IPA)が提唱するITスキル標準(ITSS)は、ITエンジニア向けのキャリアパスモデルです。

ITSSでは、先に挙げた3つと同じように、管理職である「プロジェクトマネジメント」、スペシャリストである「ITアーキテクト」、そして「コンサルタント」といったようにモデルが設定されていて、そこに至るまでのスキルアップのルートが設定されています。

では、インフラエンジニアがこれら3つのキャリアパスに基づいてスキルアップを実現していくには何をすれば良いのでしょうか。

それぞれのキャリアパスに分けて見ていきましょう。

インフラエンジニアの目指すべきキャリアパスについて

マネジメント

マネジメントにもっとも重要なことはリーダーシップです。

マネジメントは、自分がチームを率いて一つのプロジェクトをこなしていくのが仕事で、一人で行うより大きな仕事が出来る、後輩を育てる、などさまざまな魅力があります。

しかしその反面、管理業務などITスキルとは関係のない仕事や、責任を負うことが必要など大変なところもあります。

マネジメントへのキャリアパスを目指すのであれば、コーチングやリーダーシップの取り方などをセミナー等で積極的に学ぶのも良いでしょう。
また、身近にいる役職者がどのように行動しているか、上司であればどう行動するかを常に考えることも大切です。

スペシャリスト

自分の技術レベルを限りなく高めて、専門的なエンジニアとして働くというキャリアパスがこのスペシャリストです。

例えばインフラエンジニアだと、クラウドの高度な知識や仮想化の技術など、なかなか普通のエンジニアでは出来ないレベルのことを出来るようになる必要があります。

スペシャリストにとって最も大切なことは「情報収集と学習」です。

常に最新の情報を集めること、そして最新技術を自分のものとすることで自らの市場価値を高い状態に維持する努力が必要です。

例えば、ある技術を覚えて高度なスペシャリストとして仕事をしていても、その技術がすたれてしまって市場でニーズがなくなると、いくらスペシャリストであっても仕事がなくなります。

常に「情報収集と学習」を怠らず、その上で業界のトレンドがこの先どうなっていくのかという「先を読む力」が重要になります。

ITコンサルタント

ITコンサルタントとは、IT分野全般の幅広い知識を踏まえて、企業の経営者などにニーズに合わせたインフラ技術の導入提案や紹介をするだけでなく、ITを活用した経営戦略を提案するなどの仕事をします。

ITコンサルタントには、IT関連全般の深い知識だけでなく、経済情勢や経営などといった幅広いビジネスの知識が必要になります。

したがって、ITコンサルタントを目指すのであれば、IT分野のみならず、幅広いビジネス分野での「情報収集と学習」を常日頃から続けておく必要があります。

ITコンサルタントは、このように幅広い専門知識や知見が必要になるため、なかなかなることの難しい狭き門となっています。

しかし、その分ITコンサルタントの市場価値は非常に高く、年収1,000万円オーバーレベルの高額の収入を得られる可能性がある職業であり、目指す価値は大いにあると思います。

まずは自分が何を極め、どういう方向に行きたいかをはっきりさせよう

インフラエンジニアの中には、

「将来このままで良いのかな」
「もっと上流の仕事がしたい」
「エンジニアとしてもっとレベルの高い仕事をしたい」

などと思い、キャリアアップ、スキルアップを考えている人も多いと思います。

今回の記事では、インフラエンジニアの代表的な3つのキャリアパスである
「マネジメント」「スペシャリスト」「コンサルタント」について、それぞれどういった仕事か、そして目指すためにはどういったところに気をつけて何をすれば良いのか紹介しました。

インフラエンジニアがどういったキャリアパスを目指すかを考える上で大事なことは、まず自分で「どういった方向へ歩みたいのか」「将来何を極めたいのか」ということをはっきりさせることです。

それによって、自ずと目指すべきキャリアパスが見えてくるはずです。

ぜひ、ご自身のキャリアパスを考える際、参考にしてみてください。

スキルアップ転職を目指すエンジニアはレバテックに相談しよう

ABOUTこの記事をかいた人

早坂浩充

サーバ・インフラエンジニア。Linux/UNIXをメインに、Windows Serverなどを用いたWeb・メール・DNS・ADなど、様々なシステムの提案・設計と構築運用を長年にわたり経験。 近年はセキュリティ・エンジニアとしてTrendMicroやSymantec製品などセキュリティ関連分野にも携わっている。

「仕事辞めたい!けど転職は怖いし迷う…!」
「俺、転職できる?辞めても大丈夫かな?」
「ぶっちゃけ、転職したら年収上がるの?」

…などなど、SEにありがちな悩みに、
私、編集長の和田がお答えしよう!

現状をなんとかしたいが、何をすべきか分からず、
行動に移せないでいる人は、ぜひ参考にしてくれ!

「自分にどんな仕事が向いているかわからない」
「年収アップが狙えるのってどんな仕事?」
「もっとホワイトな職種ってないの?」

といったお悩みを抱えているあなたに
ピッタリなのが、この「転職診断」だ!

30秒程度の簡単な質問に答えるだけで、
あなたに合う職種を診断して紹介するぞ。

さぁ、下のボタンをクリックして、
早速、診断をスタートしてみてくれ!

カンタン30秒!転職診断をはじめる

希望条件から転職サイトを探してみる

希望勤務地(必須)
雇用形態
職種
こだわり条件